常夏のフロリダに雪が?ディズニー・ブリザードビーチのスライダー4選!

ディズニーワールドでしか楽しめないスポットとして、ウォーターパークが挙げられます。年中常夏のフロリダに大雪が降り、スキー場を作ったものの雪が溶けだし、大量の雪解け水が溢れた…というユニークな世界観を持つディズニー・ブリザードビーチの魅力的なスライダーの数々をご紹介します。

①これに乗らなきゃ始まらない!サミットプラメット!

ディズニーワールドで一際目を惹く高さの、エメラルドグリーンのスキージャンプ台。このサミットプラメットはディズニーワールド内でも屈指の高さを誇る絶叫系スライダーなのです!
その高さ36メートル、傾斜はなんと60度。これを生身の身体一つで滑るのですから、その衝撃たるや見るのだけでも最初は恐ろしいほど!下が見えない恐怖と、自分の身体を守るものが何もないという恐怖を乗り越え、いざ滑り落ちると…!

これを経験した者として、一つだけ言えるのが「これが一番怖いアトラクションなんじゃないか?!」ということ。そして滑る時のアドバイスは、とにかく鼻に水が入らないように息は止めておきましょう!ということです…。

②どんなルートで滑るのか?!予測不可能なスライダー

次にご紹介するのはスノー・ストーマーズ。これは3本のくねくね曲がったスライダーで、いったいどんなルートで滑っているのかがあまり見えない予測不能なスライダーです。
これを滑っている時は一体いつ曲がるのか?!落ちるのか?!と終始ハラハラドキドキ!そして、一体いつこのスライダーは終わるんだ!?と、滑っている時間がやたらと長く感じたりもしました。スライダーを抜け出した時の開放感と爽快感は体験の価値ありです!

③グループで楽しむならこのスライダーで楽しもう!

3~5人のグループで楽しめるのはチームボート・スプリングス。円形のボートに乗り込んで、全長366mのコースをラフティング!スタート地点はかなり高く、スライダーにしては結構長い時間楽しめます。
2人で行った場合は他のグループと相乗りになりますが、外国の方と相乗りになるとリアクションの大きさでとても楽しめます!

最終ゴール地点ではかわいい円形のゴムボートにミッキーが描かれているので、ゴムボートと一緒に写真を撮るのもいい思い出になります。

④どっちが早い?!競争できるスライダー

二人同時にスタートして、どっちが早いか競うこともできるダウンヒル・ダブルディッパー。意外と傾斜もあるので、絶叫すること間違いなし!そして競争していても結局絶叫してしまい、それどころではなくなるのもまた楽しいところ。

またトボガン・レーサーは8人横並びで腹ばいになって滑るタイプ。腹ばいになって進めば、緩やかだった傾斜もいきなりスリル満点のスライダーに!どちらのスライダーも基本的に体重がおもい方が断然有利になるそうです!

関連するキーワード

カテゴリー