歴史と大自然を満喫!山口のおすすめ紅葉スポット10選

本州最西端の山口には、幕末のヒーロー・高杉晋作ゆかりの禅寺・功山寺など、歴史の舞台に登場する名刹や名園、大自然を満喫できる景勝地など、すばらしい紅葉スポットがたくさんあります。定番から穴場まで、山口のおすすめ紅葉スポット10ヶ所を紹介します。
pbook 2016.10.25

1. 紅葉谷公園 | 「西の鎌倉」と呼ばれた紅葉の名所

紅葉谷公園

出典元:Instagram

日本三名橋「錦帯橋」から徒歩10分の場所にある静かな公園。岩国藩主吉川家の居館跡である吉香公園に隣接しています。

かつては、「西の鎌倉」と称されるほどの寺院があった場所で、現在も、「吉川家墓所」や「永興寺」、「洞泉寺」が残っています。

紅葉谷公園

出典元:Instagram

イロハモミジを中心に約700本の紅葉が植えられており、園内の各所を美しく彩ります。

近くには、錦帯橋のほか、「岩国城」、天然記念物に指定されているシロヘビの観覧所である「岩国シロヘビの館」など、見どころも多いおすすめの紅葉スポットです。

 

【基本情報】
・例年の見頃:11月中旬~11月下旬
・住所:山口県岩国市横山1
・アクセス:山陽自動車道岩国ICから車で10分
・営業時間:散策自由
・定休日:年中無休
・TEL:0827-29-5116
・参照元:岩国旅の架け橋

2. 大寧寺 | 名湯も満喫できる名刹

大寧寺

出典元:Instagram

長門市にある「大寧寺(たいねいじ)」は、「西の高野」とも称された曹洞宗屈指の名刹。室町時代の西国の覇者、大内氏終焉の地としても知られています。

大寧寺川に架かる山口三大奇矯の一つ「盤石橋」や赤い「虎渓橋」を引き立てるように、赤や黄色の紅葉が広がっています。

大寧寺

出典元:Instagram

紅葉が色づく頃から12月上旬までは、ライトアップが行われ、一段と幻想的な景観が楽しめます。

近くには湯本温泉があり、紅葉狩りとともに、温泉も楽しめるおすすめのスポットです。

 

【基本情報】
・例年の見頃:11月中旬~12月上旬
・住所:山口県長門市深川湯本1074
・アクセス:JR長門湯本駅から徒歩で10分
・営業時間:散策自由
・定休日:年中無休
・TEL:0837-25-3469
・HP:大寧寺

3. 功山寺 | 高杉晋作ゆかりの古刹

功山寺

出典元:Instagram

長府毛利藩の城下町であった下関市長府にある「功山寺」は、鎌倉時代に創建された禅寺です。

幕末に都落ちした三条実美卿ら5人の公卿が潜居し、高杉晋作が挙兵した寺としても知られています。

多くの幕末史料を収蔵・展示する「長府博物館」もあり、歴史ファンにおすすめの紅葉スポットです。

功山寺

出典元:Instagram

山門や仏殿へと続く参道を彩る紅葉がとても美しく、見頃の時期には多くの観光客でにぎわいます。仏殿は、禅寺様式を残す最古のものとして国宝に指定されています。

 

【基本情報】
・例年の見頃:11月中旬~12月上旬
・住所:山口県下関市長府川端1-2-3
・アクセス:中国自動車道下関ICから車で15分
・営業時間:散策自由 9:00~16:30(書院見学)
・定休日:年中無休
・TEL:083-245-0258
・HP:巧山寺

4. 重源の郷 | 紅葉の中で手作り体験

重源の郷

出典元:Instagram

山口県中部の徳地町にある観光交流公園。
平安時代末期に、平家により焼き討ちにあった奈良・東大寺の再建に尽力した重源(ちょうげん)上人にちなんでいます。

約8万㎡の敷地に7棟の茅葺屋根の建物が点在し、昭和初期の里山風景が広がり、秋になると、約500本の紅葉が色づきます。

園内では、散策だけでなく、そば打ち、藍染、機織り、紙漉きなどの手作り体験が楽しめ、毎年11月の土・日・祝日には、紅葉まつりが開かれます。

 

【基本情報】
・例年の見頃:11月中旬~11月下旬
・住所:山口県山口市徳地深谷1137
・アクセス:中国自動車道徳地ICから車で10分
・営業時間:9:30~17:00(11月~4月~16:30)
・定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)
・TEL:0835-52-1250
・HP:重源の郷

この記事のキーワード

関連記事