すっっごいおしゃれ。IH対応土鍋を買うならこの3つモダンデザイン♪

最近お米を炊いたり、普段の料理に使ったりと土鍋をさまざまな料理に使う方が増えてきました。でも気をつけないといけないのはIHのコンロがあるキッチン。土鍋はIHに対応していないものが多いんですよ、今回は新しい土鍋を探している方必見! IH対応のおしゃれな土鍋をご紹介します!
pbook 2016.10.18

土鍋はIHに対応されてないものが多い

ih

出典元:Instagram

最近、料理がよりおいしくなると料理好きの方の間で魅力が見直されている「土鍋」。

炊飯器などの機械に頼らずにお米を土鍋で炊く方も増えてきました。

今回は、そんなさまざまな料理をおいしくしてくれる土鍋をIHコンロでも使いたい!という方のためのおすすめIH対応土鍋をご紹介します!

 

普通の土鍋じゃだめなの?

ih

出典元:Instagram

そもそも、なぜIHコンロがあるキッチンだと普通の土鍋は使えないのでしょうか?

理由は「熱伝導」。

IHコンロに入っているのは磁力を発生させるコイルです。

このコイルは金属に反応して熱を通すようになっているので、金属製ではない土鍋をそのままIHコンロに使うと通す熱が土鍋に伝わらず結果IHコンロの故障にもつながるのだそう......。

ih

出典元:Rakuten

IH対応の土鍋には底に熱を通すための金属製の発熱体が付けられています。

この発熱体のおかげで、IHコンロでも土鍋を使えるという仕組みなんです。

 

おすすめIH土鍋その① KINTOの「KAKOMI」

IH対応の土鍋で今デザインと使い勝手共に大好評の土鍋がこちら「KAKOMI」

無駄のないフォルムとシンプルなシルエットが特徴の土鍋で、おしゃれで使いやすいキッチン雑貨をデザインするKINTOが作っています。

煮る、炊くそして蒸すが簡単にこれひとつでできちゃう万能なIH対応の土鍋なんですよ。

 

冬の鍋料理がモダンな食卓に

KINTOの土鍋はなんと言ってもこのかっこいいデザインが魅力。

昔ながらの土鍋の取っ手や丸いフォルムはそおままに、すっきりとしたデザインが和風鍋料理だけでなくさまざまなタイプの鍋料理に使うことができてとっても便利なんです。

無駄のないデザインで鍋料理の幅も広がりそうですよね。

 

お米用の土鍋も

定番デザインの土鍋の他にも、炊飯ようの土鍋もあるんですよ。

そこが深めに作られたこちらの土鍋もIH対応です。お米が炊飯器で炊くよりもふっくらと炊き上がる日本人が喜ぶ土鍋なんです。

お米だけでなくスープもおいしく作れちゃいますよ。

 

お米の芯までホクホクなお米が炊ける

ih

出典元:Instagram

こちらがこの土鍋で炊いたご飯。

土鍋は二重構造になっているのでちょうどいい圧力をかけることができるため炊き上がりがふっくらとした仕上がりになるんです。

お米の芯までふっくらと炊き上がる土鍋のご飯を食べるともう炊飯器には戻れなくなっちゃいますよ

炊飯器よりも早くお米が炊けるので時短にもつながりますよね。

 

温野菜も楽しめる

蒸す料理もたのしめるKINTOの土鍋。

鍋には蒸し料理用のすのこがついてくるので、このように土鍋を使って温野菜だって作れちゃうんですよ。

土鍋ひとつでいろいろな料理ができちゃうのは嬉しいですよね。

 

おすすめIH土鍋その② TOJIKI TONYA

昔から愛されている土鍋の形を保った使いやすい「TOJIKI TONYA」。

陶磁器を扱うこのお店でもIH対応の土鍋があるんですよ。

フタや鍋本体に入れられたラインがなんとも温かみのあるデザインの土鍋です。

形は昔ながらの土鍋そのものですが、深さもありシンプルな色合いなので和食のみならずいろいろな料理に使える万能な土鍋なんです。

 

オーブンにも使える土鍋

 

ih

出典元:Instagram

IH対応なだけでなくオーブンにも使えるこの土鍋。

パーティー用にシェアできるオーブン料理も土鍋ひとつで簡単にできちゃうのは便利ですよね。

普段使いのお鍋料理や炊き込みご飯から、パーティー用の料理にまでつかえちゃうアイテムです。

さらに保温力も高い土鍋は、オーブンや直火から取り出した後も温かいまま料理をいただくことができるので、食卓にそのまま出せるのも魅力のひとつ。

 

この記事のキーワード

関連記事