外国人も訪ねる縁結びパワースポット!川越氷川神社の魅力をご紹介♪

昔から縁結びの神様がいる神社として地元の人に親しまれてきた、川越氷川神社。その噂はたちまち広がり、今では海外メディアも注目する人気パワースポットとなっています。川越氷川神社には1日20個限定の縁結び玉など、見どころがいっぱい!その魅力をまとめてご紹介します。
pbook 2016.10.20

1. 縁結びの神様がいる、川越氷川神社の本殿

川越氷川神社

出典元:Flickr

川越氷川神社に祀られているのは、五柱の神々と呼ばれる神様。実はこの神様たち、5人家族なんです。

脚摩乳命(あしなづちのみこと)と 手摩乳命(てなづちのみこと)の間に生まれた、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)。

そして、奇稲田姫命の旦那さまとなった、素盞嗚尊(すさのおのみこと)。そして2人の間に生まれた大己貴命(おおなむちのみこと)。

こうしたことから、氷川神社は縁結びだけでなく夫婦円満、家庭円満の神様としても信仰されています。

本殿は建築物としての価値も高く、県の重要文化財に指定されています。参拝したら細やかで芸術的な彫刻も一緒に見ておきましょう。

 

2. 川越氷川神社といえば、1日20個限定の「縁結び玉」

川越氷川神社

出典元:Instagram

川越氷川神社でとくに有名なのが、1日20個限定の縁結び玉です。

縁結び玉は毎日、身を浄めた巫女さんが玉砂利を拾い集め、麻でできた網に包み、神職がお祓いをして用意してくれています。

昔から川越氷川神社には、「境内の玉砂利を持ち帰ると良縁に恵まれる」という言い伝えがあるのだそうです。

生涯の伴侶に出会えたら、その人と一緒に縁結び玉を持って参拝に訪れ、境内に返すのが習わしとなっています。

 

川越氷川神社

出典元:Instagram

川越氷川神社の縁結び玉は、高いご利益から非常に人気があり、遠方からわざわざもらいに来る人もいます。

そのため平日でも朝6時半ごろには並んで、8時からの整理券配布に備えた方が良いといわれています。

 

3. 良縁を釣り上げタイ!「鯛みくじ」

川越氷川神社

出典元:Instagram

川越にはユニークなおみくじがあり、名物となっています。それがこちら、鯛みくじです。木の箱の中に大量の鯛みくじが入っているので、専用の釣り竿で釣り上げます。

鯛の口先にある輪っかに、釣り竿の針金をひっかけるのですが、これがなかなか難しいです。

引き当てた鯛は、本当にご縁があるのでしょう。ちなみにピンクの鯛は、良縁を占う「あい鯛みくじ」となっています。

 

川越氷川神社

出典元:Flickr

そして赤い鯛は、日々の運勢を占う、目出鯛&安鯛みくじです。

釣った鯛は、おみくじと一緒に奉納することができますが、記念に持ち帰る人が多いです。

 

4. 人気の撮影スポット「絵馬トンネル」

川越氷川神社

出典元:Instagram

本殿の左奥に進むと、折り重なるように絵馬が奉納された、絵馬トンネルがあります。

神社の絵馬がこれだけ密集している姿は全国でも珍しく、その数はおよそ3万ともいわれています。川越氷川神社の中でも人気の撮影スポットです。

最近では海外でも紹介されることが増えたため、外国語で書かれた絵馬もチラホラ。このトンネルをすべて歩き切ったら、願いが叶う力がより強くなる、なんて言い伝えもあります。

 

この記事のキーワード

関連記事