今年は1サイズ大きめが旬♡流行りのシルエットは【ビッグニット】におまかせ

ロングカーデやワイドパンツなど、全体的に「ゆるめ」のアイテムが流行った今年は、ニットもビッグシルエットが大ブーム!バランス感が難しいビッグニットですが、今年は一体どんな着こなしがトレンドなのでしょうか?今回は「ビッグニット」を使った旬な着こなしを、10選ご紹介します!
pbook 2016.10.19

ゆるかわ「ビッグニット」はどう取り入れる?

ビッグニット

出典元:Pinterest

大きめサイズやロング丈のアイテムなど、全体的に「ゆるめ」のシルエットが流行った今年は、ニットの大きさもビッグサイズが旬!SNSでも多くのおしゃれさんたちが、早くもビッグニットに身を包んだコーデを披露しています。

ゆるーいシルエットがかわいい「ビッグニット」ですが、今年はどんな着こなしがトレンドなのでしょうか?早速、チェックしていきましょう!

ワイドパンツで今年らしく着こなす!

Vネック×スリットですっきり見せ

ワイドパンツ

出典元:WEAR

まずは、今年のトレンドであるワイドパンツを合わせた、旬のゆるシルエットコーデからご紹介。ニットは今年大人気のVネックデザインをチョイスすると、ビッグサイズでもカジュアルすぎず、大人世代におすすめです。

女性らしいホワイトのニットなら、パンツのカラーはベージュをチョイスしてマイルドに。動く度にスリットからちらりと露出する足が、男心をくすぐります。

グレーのパンツでキレイめカジュアル

ワイドパンツ

出典元:WEAR

カジュアルなネイビーのビッグニットには、グレーのチェック柄ワイドパンツを合わせて、キレイめカジュアルな雰囲気に。今年らしいゆるずるなシルエットに、アップしたヘアスタイルがよく合います。

足元はヒールパンプスをチョイスするのが、大人のゆるシルエットコーデの鉄則。控えめなカラーリングなので、オフィスや通勤コーデにもぴったりです。

ラフなアイテムでカジュアルに

カラーニットにデニムパンツを合わせて

デニムパンツ

出典元:WEAR

パキッとしたレッドのお目立ちカラーニットには、インディゴブルーのデニムパンツが相性バツグン!ニットの裾は前だけインして、ベルトのデザインを見せるのがおしゃれポイントです。

足元は、あえてVカットのパンプスをチョイスして、個性的な雰囲気を演出して。カジュアルな印象のホワイトソックスは、気分によってカラーソックスで遊んでもgood!

トレンドのニットアップスタイルに

ニットアップ

出典元:WEAR

ビッグニットに同色のニットスカートを持ってきて、トレンドの「ニットアップ」として着こなすスタイルもおしゃれ。カジュアルですが、色を合わせることで上品な印象も守れるので、大人世代にも取り入れやすいコーデです。

もちろんカジュアルなニット素材なので、スニーカーやキャップなど、ラフなアイテムとも相性バツグン。細チェーンのファーバッグなど、1点キレイめなアイテムをMIXするのが大人流です。

タイトスカートでバランスよく

秋っぽカラーでこなれコーデ

タイトスカート

出典元:WEAR

ビッグニット×タイトスカートの組み合わせは、トレンド感とバランスの良さを同時にGETできる、お得なスタイリング。大人なミモレ丈のタイトスカートなら、ニットの裾はアウトしたままでも、バランスよくまとまります。

グレーとキャメルのトレンドカラーでコーデをまとめたら、こなれ感のあるダークブラウンのハットで、コーデを秋色に染め上げて。足元は抜け感のあるホワイトのスニーカーで、大人かわいいカジュアルコーデに。

あずきカラーで上品コーデ

タイトスカート

出典元:WEAR

珍しいあずきカラーのタートルニットは、上品キレイめな着こなしがぴったりな1枚。ツイード素材のタイトスカートを合わせて、とことんレディに着こなしましょう。

ビッグニットをキレイめに着こなすときには、腕まくりするのが最近の定番スタイル。捲った袖のボリューム感と華奢な手首のギャップに、ドキッとさせられる男性が急増中なんです。

この記事のキーワード

関連記事