マドリッドのチュエカ地区に行こう♪おしいしいタパスが食べられるバル10選

まだまだ観光地として知名度があまりないチュエカ地区ですが、実は近年観光客が増え続けている注目のスポットでもあります。メイン通りも脇道も、おしゃれなお店ばかりなんですよ!そこで今回はおいしいタパスが食べられるバルを10店舗をご紹介します!おしゃれな街のおしゃれなバルで、お店自慢のタパスを頼んでくださいね。
pbook 2016.10.28

夜のチュエカにくり出しましょう!

夜が更ければ更けるほどたくさんの人でにぎわうバル。根っから明るいスペイン人たちはすぐに打ち解け、一緒に楽しいときを過ごしてくれます。

楽しいバルでカクテルとおいしいタパス。観光疲れも買い物疲れも吹き飛ばしてくださいね。

1. Amor de Calle | 山羊のチーズカナッペ

地下鉄2番線のSanto Domingoと3、5番線のCallaoの中間を北へ5分ほど上がった所にある店です。

タパスの種類は豊富で、サラダ類、プレートに並べられた生ハムやバラエティーチーズ、2人で十分分けて食べられる大型パンに乗ったカナッペ、アンチョアやホタテガイのグルメ缶詰などなどです。

グルメ缶詰は、お皿に移し替えずに缶詰ごと出てきますよ。気取らないところがいいですね♡一番人気が山羊のチーズカナッペですよ。

スイーツまでおいてあります。
とても良心的な値段で、3ユーロからありますよ。あれこれ頼めて、うれしいバルです。

 

【店舗情報】
・住所:Calle de la Luna, 24, 28004 Madrid
・TEL:675-644-055
・営業時間:20.00-0:30
・定休日:無休
・HP:Amor de Calle

 

2. El Tigre | たっぷりのお通しタパス

地下鉄1、5番線のGran Víaから5分ほど。5番線のChuecaからも5分ほどです。リンゴ酒のシドラが売りのバルですよ。

スペインではバルに入ってアルコール類や清涼飲料水を注文すると、お通しが付いてくるのが普通です。人数が多ければお通しの量も多く、おかわりをすればまた違ったお通しがでてきます。

ちゃんと代金を取るタパスメニューもあります。それを頼めばきれいにお皿に盛り付けてでてきますが、財布の厳しい若者たちは山盛りのお通しタパスで十分。

いつも大繁盛のバルです。

 

【店舗情報】
・住所:Calle de las Infantas, 30, 28004
・TEL:915-320-072
・営業時間:12:00-1:30. (金曜・土曜)12:00-2:00
・定休日:無休
・HP:Facebook

 

3. Elcano | 自家栽培野菜で健康タパス

地下鉄5番線のChuecaから徒歩で3分ほどです。マドリッド市内に3軒の店を持っています。

バルコーナーではタパスをお楽しみください。レストランコーナーでは「スペイン料理、各国料理をお楽しみください」とうたっています。

レストランコーナーのメニューも半分の量でタパスとして注文できます。野菜は全て自家農園で栽培したもので八百屋で売っているものとはひと味もふた味も違いますよ。

 

【店舗情報】
・住所:Calle de Lagasca, 7, 28001 Madrid
・TEL:911-272-524
・営業時間:8:00-0:30. (木曜・金曜)8:00-2:30. (土曜)12:00-2:30. (日曜)12:00-0:30
・定休日:無休
・HP:Elcanto

 

この記事のキーワード

関連記事