現地の美大生が解説!アカデミア美術館の魅力と観光のポイント♪

フィレンツェで、人気の観光スポットの1つアカデミア美術館。美術ファンでなくても知っているような有名な作品がたくさんあります。鑑賞がさらに楽しめる作品情報や、お得な情報をお届けします♪
pbook 2016.10.27

ミケランジェロの作品が多く残る町、フィレンツェ

風景

出典元:Instagram

フィレンツェは、今もルネサンスの華やかな雰囲気が残る芸術の町です。

偉大な芸術家たちの作品はさまざまな美術館で見ることができます。

今回はルネサンスの三大芸術家の1人、ミケランジェロの作品が多く観られるアカデミア美術館についてご紹介します。

 

フィレンツェ・アカデミア美術館とは

美術館

出典元:Instagram

サンマルコ広場にあるアカデミア美術学校という大学の付属美術館です。
わたしもここの大学院に通っています。

観光都市フィレンツェの中でも特に人気のスポットで、ミケランジェロのダヴィデ像があることで世界的に有名です。

 

歴史あるフィレンツェ美術学校と美術館

学校

出典元:Instagram

16世紀にヴァザーリによってフィレンツェ美術学校が設立され、芸術家のパトロンとして知られるメディチ家のコジモ1世が初代総裁を務めました。

18世紀には芸術家を目指す多くの学生が学ぶ教育機関になり、2016年現在も多くの学生が、さまざまな国や地域から芸術を学びに来ています。

1784年にサン・マッテーオ病院と、サン・ニッコロ・ディ・カファッジョ修道院の建物を改装し、アカデミア美術学校を移転。

収集してきた数々の美術作品から学生が学べるように設立されたのが、アカデミア美術館です。

 

ダヴィデ像の特別展示室

美術館

出典元:Instagram

1874年、ヴェッキオ宮殿前に設置されていた"ダヴィデ像"を劣化による損傷を防ぐ目的でアカデミア美術館へ移設しました。

その後ダヴィデ像のために、ガラスの天井から光の差す特別展示室が作られ、今もそこに飾られています。

 

【基本情報】
・住所:Via Ricasoli 58-60, 50122 Firenze
・TEL:+39 055 215449
・営業時間:8:15-18:50
・定休日:月曜日、1月1日、5月1日、12月25日
・HP:accademia.org
・入場料:8ユーロ、予約料金はプラス4ユーロ (企画展示があると金額が変わる場合があります)

 

いつも行列のアカデミア美術館、お得に鑑賞したい

風景

出典元:Instagram

どんな時期でも朝から行列ができているアカデミア美術館、効率良く観光するために事前予約することをオススメします!

予約にかかるのは4ユーロ。
ホームページから日にちと時間を選んで予約できますが、オンライン予約の場合手数料が多くかかる場合が多いのでご注意ください。

 

3日間、5つ以上の美術館を巡るなら

チケット

出典元:Instagram

72ユーロで72時間有効のフィレンツェカード。

フィレンツェの主要美術館・教会を予約しないでいつでも入館できます。

インフォ・ポイントや、サンタ・マリア・ノヴェッラのチケット売り場など10箇所で購入可能。
またはインターネットで購入後、インフォ・ポイントで受け取ることもできます。

 

【基本情報】
・住所:piazza Stazione 4, Firenze (購入も、受け取りもできるインフォ・ポイントです)
・TEL:+39 055 212245
・HP:firenzecard.it

 

タダで見られる特別な日

2014年からいくつかのフィレンツェの美術館で始まった、うれしいサービス。

毎月第1日曜日は無料で入場できます!
この日は予約することができないので、朝早くから並ぶことをオススメします。

 

中でも見逃せない、有名な作品!

アカデミア美術館は、絵画作品も彫刻作品も多く飾られています。

その中でもオススメの有名な作品をご紹介します。

 

①ミケランジェロ作、"ダヴィデ像"

美術館

出典元:Instagram

なんといってもアカデミア美術館で見逃せないのが、ダヴィデ像!

高さ5,17メートルの大迫力の彫刻作品はピエタと並ぶミケランジェロの代表作です。
巨人ゴリアテとの戦いに臨むダヴィデが、岩石を投げつけようと狙いを定めている場面を表現しています。

大きな手には浮き上がった血管まで描写されていて、筋肉の硬さや体温まで感じられそうな作品です。
普段写真ではあまり見ることのない、背中側まで鑑賞することができるようになっています。

ミケランジェロの彫刻作品は、制作途中のパレストリーナのピエタなども観ることができます。

 

②ボッティチェッリ作、"聖母子と二人の天使"

フィリッポ・リッピのもとで修行をしていた時期の作品。

小さな作品ではあるけれど、ウフィッツィ美術館で見られるボッティチェッリの作品と比較してみると面白いです。
同時に師匠のフィリッポ・リッピの作品にも注目して鑑賞してみてください。

 

③美大生に描かれてきた石膏像

美術館

出典元:Instagram

設立時、アカデミア美術学校の学生の学びの場であったアカデミア美術館。

学生たちがデッサンの勉強をしていた石膏像が沢山並んだ部屋があります。

展示室では、大理石の彫刻を石膏取りする方法も紹介されています。

 

この記事のキーワード

関連記事