使い方ひとつでこんなに新鮮。すぐ真似できる【カーデ】の新しい着こなし方

お出かけ先での体温調節に便利な「カーディガン」。誰もが1枚は持っているカーディガンですが、いつも「羽織るだけ」の着こなし方でマンネリを感じていませんか?カーデの着こなし方は、羽織る以外にも実はたくさん。中でもすぐ真似できる簡単な着こなしテクニックを、5つご紹介します。

カーディガンをもっとおしゃれに着こなしたい!

カーディガン

出典元:WEAR

オールシーズン使える定番アイテム、カーディガン。秋冬のレイヤードコーデにも大活躍してくれるカーディガンですが、いつも同じ使い方にマンネリを感じている人も多いのでは?

SNSなどでは、カーデの新しい使い方を生み出しているおしゃれさんが続出中。中でもすぐに真似しやすいテクニックを、いくつかまとめてご紹介します。

ボタンを留めてトップス風に

トップス風

出典元:WEAR

ボタンやデザインがポイントのカーディガンにおすすめなのが、前ボタンをぴったり留めてトップス風に着こなす方法。

ウエストもしっかりインすることで、さらにトップスらしさを演出することができますよ。

ベーシックなデザインのカーディガンは、羽織るよりもきちんと感が出て、まるでシャツのように扱えます。定番アイテムのデニムパンツと合わせて、カーデの着こなしを引き立たせて。

Vネックでオフショル風に

オフショル風

出典元:WEAR

前を締めるとVネック風に着こなせるカーディガンは、1枚で着こなすとオフショル風に。トレンドのループ編みカーディガンが、抜け感のあるオフショルの雰囲気にぴったりです。

ベージュのカーデならココア色のワイドパンツと合わせて、秋らしくキュートな印象に。お出かけのときはベレー帽もプラスして、トレンドライクに着こなして。

袖を通さずふんわり羽織って

袖を通さずに

出典元:WEAR

こちらはロングカーデにおすすめの、袖を通さずにふんわりと羽織る着こなし方。こうするとロングカーデがまるでマントのような雰囲気になり、いつもと違った表情を演出できるんです。

個性的な花柄シャツとマスタードカラーのカーデを合わせて、ちょっぴり異国のムード漂う組み合わせに。ショルダーバッグをカーデの下に持つことで、さらにマントっぽさを強調できます。

マニッシュなキレイめコーデにON

キレイめコーデ

出典元:WEAR

シャツやキャスケットを使ったマニッシュなキレイめコーデにも、ふんわりとロングカーデを羽織って。

オーバーサイズなロングカーデはフェミニンな印象になりがちですが、袖を通さずに着ることでハンサムな印象に。

普通に着るよりシルエットが大きく広がるので、タイトなパンツコーデと相性バツグンの着こなしです。

デニムアイテムとレイヤード

デニムと重ねる

出典元:WEAR

デニムの当たり年だった今年は、デニムトップス×カーデの異色のレイヤードコーデにも注目。カーディガンだけだとシンプルな印象ですが、デニムシャツを1枚挟むだけで一気におしゃれ度UPします。

カーディガンとデニム素材は、カジュアルな系統のアイテム同士、相性もぴったり。デイリーにも使いやすい組み合わせです。

デニムONデニムコーデにカーデを重ねて

デニムONデニム

出典元:WEAR

挑戦してみたいけれど、ちょっぴり勇気がいるデニムONデニムのコーデは、上にロングカーデを重ねることでさりげなく着こなせます。

カーデはガウンのようにたっぷりと着こなしたいので、いつもよりワンサイズ大きめをチョイスするのがポイント。

デニムジャケットにカーデを重ねることであたたかさも増すので、冬のお出かけコーデにもぴったり。コートスタイルが多い街中で、注目されること間違いナシです。

カテゴリー