かっこいいのに便利!「FD STYLE」の魅力と男前なキッチンツール3選

日本の職人や工場と連携してブランド展開をしている「FD STYLE」。日本のものづくりの発展に力を入れているデザイナーと職人さんが作ったキッチンツールをご紹介します。デザインだけでなく、質や使いやすさにもこだわったアイテムが勢ぞろいしていますよ。さっそくチェックしましょう。

質とデザインの良さ両方をかなえてくれるブランド

fd

出典元:Instagram

毎日使うキッチンツール。
デザインよりも使いやすさやメンテナンスのしやすさが重視されがちですよね。

質がいい上にデザインまでかっこいいキッチンツールってなかなか出会えないものです。

今回は、機能性も見た目のかっこよさも100点なキッチンツールをデザインしている「FD STYLE」ご紹介します。

おすすめキッチンツールもチェックしていきましょう。

 

【公式通販サイト】
FD STYLE

 

「FD STYLE」のキッチンツールがかっこよくて男前

fd

出典元:Instagram

FD STYLEでは、新潟の職人たちとデザイナーがタッグを組んで商品開発をしています。

地域活性化を目指して活動しているため、デザインされているアイテムはどれも日本の職人の技術で作られています。

安心安全なメイドインジャパンの質に、使いやすさを追求したモダンなデザインをマッチングさせてできたFD STYLE。海外を中心にネットを通して話題になっているんです。

なかでも人気なのが、FD STYLEのデザインと町工場の技術を駆使してデザインされた「調理器具」。

さっそく使いやすくてかっこいい、おすすめの調理器具アイテムの一部をチェックしましょう。

おすすめアイテム① オロシ

fd

出典元:http://rikumo.com

こちらはシックでモダンな「おろし器具」。
人気の秘密は「楽におろせる」構造で、一見普通のおろし器具に見えますが、いかに楽に使えるかを考え抜いたアイディア満載なおろし器具なんです。

こだわりぬいたカーブと刃の位置

楽におろせる秘密は2つ。
1つ目はおろし器具の先端が凹面にカーブを描いていることです。

通常おろし器を使うと、こすっている部分だけおろすので定期的に食材の向きを変えなければいけません。

でもこのおろし器具は先が湾曲になっていることで奥に押すと食材のサイドを削り、手前に引くと食材の中央がおろせるような構造になっているんです。

食材の向きを変えたり、横に倒したりする必要がないので楽におろせるんですね。

fd

出典元:Instagram

2つ目は、刃の位置。
FD STYLEの刃はくし形に起こされているため、おろされた食材がキレイに下へと落ちていくように作られているんです。

おろした後にわざわざ手で落とす手間がかからないよう工夫されているんですね。

おすすめアイテム② 薬味オロシ

あると便利な「薬味おろし器具」です。
細かい食材をおろしやすいようにステンレスで目立てされています。

わさびや生姜など薬味をささっとおろしたいときにあるととっても重宝するんですよ。

ポイントはこの溝

この薬味おろしの魅力は、刃のまわりに作られた「汁受け」です。

薬味はおろしたときの汁に栄養素があるといわれています。せっかくおろした薬味もこの汁がしっかり受け取れていなければ、もったいないですよね。

これなら貴重な栄養分を逃すことなく薬味を使えるんです。

fd

出典元:Instagram

ステンレス製でマットな黒がなんとも男前な薬味おろしです。ステンレス製なので錆びにくく扱いやすいのも嬉しいですよね。

使い終わったらさっと水洗いするだけで大丈夫なのでお手入れも簡単。ひとつ持っておくと一生ものになるキッチンツールなんですよ。

おすすめアイテム③ テーブルトング

シンプルでモダンな形が特徴摘なのは「テーブルトング」です。

料理を盛り付けたりよそったりするときに便利なテーブルトングは、よく食卓にそのまま料理と一緒に置かれがち。

でも使わないときって置き場所に困りませんか?しかたないのでお皿に乗せておいたりするときもありますよね。

FD STYLEのテーブルトングは盛り付けから使わないときまで美しい!と評判なんですよ。

フチに引っ掛けておける

FD STYLEのテーブルトングの魅力は、使わないときはフライパンやお皿のフチに引っ掛けておけること。

トングの中央部分には引っ掛けられるように切り込みがしてあるので、フライパンはもちろん大皿やボウルにも簡単に引っ掛けられます。

fd

出典元:Instagram

こうやってシェアしたい料理のお皿にそのまま引っ掛けて食卓に出せるのは嬉しいですよね。

見た目もとってもスマートです。
さらにテーブルトングとしてだけでなく、トングの先はスプーンとしても使えるようになっています。

つかむだけでなく、すくったり掛けたりする動作もこのテーブルトングひとつでできちゃうんですよ。

カテゴリー