心も身体もリフレッシュ!福岡・大濠公園の6つのおすすめポイント

福岡市の都心部にあり総面積が398,000平方メートルのとても大きな大濠公園。水景がとても美しいんですよ!敷地内には四季の移ろいを楽しめる野鳥の森や日本庭園、さらに能楽堂や美術館などを有し、お散歩やジョギングでも多くの人が訪れる市民の憩いの場になっています。さっそく見どころをチェックして週末に行ってみましょう!
pbook 2016.11.19

大濠公園とはどんなところ?

大濠公園は、福岡市の都心部にある市民の憩いの公園。毎日、多くの人が訪れます。

この公園の名前の由来は、かつて博多湾の入江だったこの地を黒田長政が福岡城を建築する時にお城の外濠として使ったことから。

昭和2年に東亜勧業博覧会が開催されるのを期に造園工事を行い、昭和4年に開園しました。

大濠公園は全国でも有数の水景公園です。
総面積は398,000平方メートル、そのうちの226,000平方メートルがこの大きな池なんです。

池の周りには歩行者用・ジョギング用・サイクリング用にそれぞれ分かれた周回園路が整備されており、野鳥の森や児童公園、日本庭園、能楽堂、ボートハウス、現在工事で閉館中の福岡市美術館を巡ることができます。

また池の中にある中の島や浮見堂は4つの橋で結ばれています。

それでは大濠公園の見どころをご紹介していきましょう。

 

【基本情報】
・住所:福岡県福岡市中央区大濠公園1-2
・TEL:092-741-2004
・アクセス:地下鉄:大濠公園駅または唐人町下車 徒歩7分、西鉄バス:「黒門」バス停下車 徒歩5分 または「大濠公園」バス停下車 徒歩5分
・HP:大濠公園

 

1. 古典美を基調とする日本庭園

大濠公園

出典元:Instagram

日本庭園は大濠公園の南側、福岡武道館の横にあります。大濠公園開設50周年を記念して昭和59年に開園しました。

広さは12,000平方メートルあり、伝統的な庭園技法と近代性を盛り込んだ築山林泉式の形態を持つ廻遊式庭園となっています。

園内は黒松や楓、楠、樫のどの木やサツキやツツジなどの花木が植えられ、四季の風情を感じることができます。園内の見どころをご紹介します。

 

【基本情報】
・開園時間:9:00~17:00 (入園は16:45まで) ※6~8月は18:00(入園~17:45)まで
・定休日:月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日)、12月29日~1月3日
・TEL:日本庭園窓口092-741-8377
・料金:個人一般¥240/児童¥120、団体(30人以上)一般¥190/児童¥95
・HP:大濠公園

 

大池泉庭|滝もある日本庭園の主景

大濠公園

出典元:Instagram

大池泉庭は日本庭園の主景となります。
前庭を左に折れて進んだところにあり、囲うように築山を作り、3ヶ所に滝を配しています。

大池泉庭の中央には中島を浮かべ美しさの中に優雅さを演出しています。

枯山水庭|小池の西にある幽玄の美

大濠公園

出典元:Instagram

大池泉庭の奥には小池があり、その西側には白い築地塀を背景とした枯山水庭があります。全面の白い砂は水を、後方の石組みは遠くの山を表しています。

幽玄の美を鑑賞できますよ。

茶室・茶会棟|日本庭園を望む数寄屋造りの茶室

大濠公園

出典元:Instagram

大池の北側には数寄屋造りの茶室と茶会棟があります。

毎月第3火曜日(休園日の場合はその翌日)には一般開放されますので、美しい日本庭園を眺めながらお抹茶がいただけますよ。

2. 散策・ジョギング・サイクリング、専用道路のある園路

大濠公園

出典元:Instagram

大濠公園には約2キロある池の周りを周回する園路があります。

園路は内側からレンガ舗装の幅3mある散策路、幅2.5mの植栽帯、ゴムチップ舗装の幅4.5mのジョギングロード、アスファルト舗装の幅4.5mのサイクリング道路となっています。

大濠公園

出典元:Instagram

お散歩が散策路を通ってのんびりとできますよ。自転車やランナーが来ないから小さいお子様と一緒に歩いても安全です。

犬を散歩させる人も多く、また、池にかかる橋も散策路なんです。

大濠公園

出典元:Instagram

ジョギングロードは走る人の専用路。
着地時の衝撃を吸収するゴムチップを用いて舗装しているのでとても走りやすいんです。朝夕は多くの人がジョギングをしていますよ。

ここを走る場合は、歩行者も横切りますので衝突や事故の無いように注意してくださいね。また集団で走るときは許可が必要です。

3. 子どもたちに人気の遊び場

大濠公園

出典元:Instagram

子どもと公園へ来る目的といえばお散歩だったり遊びだったりしますよね。大濠公園にも東側と西側に2ヶ所、子どもたちの遊び場があります。

くじら公園|東側の児童公園

大濠公園

出典元:Instagram

18番出入口から入ってすぐ、公園の東側にあるくじら公園は、トリムを始めとするダイナミックな遊具が多いです。

幼児から小学生向きで、子どもたちが走り回って遊んでいますよ。

どんぐり公園|西側の児童公園

7番・8番出入口のそばで公園の西側にあるどんぐり公園は、さらに小さな子ども向けの遊具が充実しています。

コンパクトで木陰も多く小さなお子様を遊ばせるのにちょうどいいサイズの公園です。

この記事のキーワード

関連記事