一重メイクは大人っぽく!アイシャドウの塗り方とおすすめアイテム

芸能人や歌手でも意外と一重が多いって知っていましたか?一重の涼しげな目元は、アイシャドウで色っぽくもクールにも変身できる魅力たっぷりの目元なんです!!アイシャドウをうまく使いこなして大人の色気たっぷりの目元を作りましょう♡今回は詳しいアイシャドウの塗り方とオススメアイシャドウをご紹介します!!

一重のアイシャドウ困っていませんか?

一重  アイシャドウ  困る

出典元:Pinterest

一重さんはアイメイクで悩みを抱えている人が多いようですが、なかでもアイシャドウの使い方は難しいですよね。

そこで今回は、一重さんにオススメのアイシャドウの使い方をご紹介します。

いつも同じメイクでマンネリになってしまいがちなアイメイクですが、アイシャドウで一気に一重さんの個性をだしておしゃれアイになりましょう!!

自分に似合うアイシャドウの選び方

イエローベースの肌タイプ

イエローベースの肌タイプ

出典元:Pinterest

肌が黄身がかっていて日焼けするとすぐ色が黒くなってしまう人や唇が肌色に近い人は「イエローベースの肌タイプ」です。

イエローベースの肌タイプの人は黄みを含んだ色が似合うので、ベージュやブラウン、ゴールドなどの温かみのある色がオススメです。

ブルーベースの肌タイプ

ブルーベースの肌タイプ

出典元:Pinterest

肌が青み寄りの色で日焼けするとすぐ赤くなってしまう人や唇に赤みがある人は「ブルーベースの肌タイプ」です。

ブルーベースの肌タイプの人は青みがかった色が似合うので、パープルやブルー、シルバーなどの涼しげで爽やかな色がオススメです。

自分に似合うアイシャドウの色を知って、新しいアイメイクを見つけましょう!!

また、自分に合ったアイシャドウを買うときはコスメカウンターで試すかサンプルで試してから買うのもオススメです。

一重さんのメイクのポイント

1.目は縦じゃなく横を強調!!

横長効果

出典元:Pinterest

切れ長な一重の目元の魅力を引き出すには、アイシャドウもマスカラも目尻側に重心を置き、横の長さを強調するのがポイントです。

とくにアイラインに関しては、目の曲線に沿って長めに引きましょう。目頭は細めに目尻まで引っぱり、最後は少し跳ね上げるようにすると横の長さを強調した切れ長アイのできあがりです。

2.色はベージュやブラウン、グレーやパープル。ピンクはNG!

色はベージュ

出典元:Pinterest

一重まぶたの瞳をクールに美しく、かっこよく見せてくれる色は、グレーやパープルの寒色系やベージュやブラウンなどの黄色系です。

一番使いやすい定番のカラーで、黄色系や寒色系は腫れぼったいイメージの一重まぶたをスッキリとキレイに見せてくれます。

暖色系のピンクや赤などの色はまぶたが腫れぼったく見えてしまうのでやめておきましょう。

3.リップは濃すぎない肌なじみの良い色を

一重  リップ

出典元:Pinterest

あまり濃すぎる色味のリップは、切れ長の目とはっきりした口元の相乗効果でキツく見えてしまいます。

リップは肌なじみの良い、オレンジやコーラルピンクやスモーキーピンクがオススメです。

流行りの赤リップがどうしてもしたい人は、リップの仕上げにグロスをを塗ったり、指でポンポン薄くナチュラルに塗るなどして自然な感じで仕上げましょう。

4.眉毛ははやりに乗らず、細めで媚びない印象を!

一重  眉毛

出典元:Pinterest

眉毛は、細く薄い感じで描きましょう。
眉が細いと目の縦幅が大きく見え、一重の目も大きく見えます。

流行りの太眉毛は、一重の目の大きさを小さく見せてしまいます。

アイシャドウ基本の塗り方

ナチュラル アイメイク 一重

出典元:Pinterest

基本のアイシャドウの塗り方は、このように目の際から眉にかけてグラデーションになるように薄く塗り重ねていきます。

基本的には、薄い色から順番に塗り重ねていきます。

一重のアイシャドウは中間色の使い方がキモ!!

ナチュラル アイメイク 一重

出典元:Pinterest

一重さんのアイシャドウのコツは、目を開けた時のまぶたの少し上まで中間色のアイシャドウを乗せることです!

目尻から黒目の上まで濃い色のシャドウをグラデーション使いすることで、立体的な目元を演出しましょう。

アイメイク後のイメージを作っておく

完成

出典元:Pinterest

アイメイク後のイメージを最初に作っておくのも大切です。

とくにアイメイク初心者さんは、自分のメイク後がどんな風に変わるかイメージできない場合があります。

一重でもこんなにセクシーでクールな目が作れるのを最初にイメージして、自分のメイクを完成後に近づけていきましょう!!

カテゴリー