気温差どう対処する? 冬のおでかけを乗り切るアウターコーデ♡

年末年始のおでかけは、移動先で気温差のあることも多いですよね。寒いところはしっかり防寒、移動はスムーズにできるコーデで、おでかけをより楽しみませんか?基本は重ね着可能なアウターと防寒小物。今年らしさも忘れない、気温差に強いアウターコーデをご紹介します!

今年は気温差も怖くない!しっかり防寒アウターコーデ

帰省先が雪国だったり、朝から晩まで外でおでかけだったり、年末年始は気温差に悩まされることが多いですよね。さっと重ね着できるアウターと、しっかり防寒できる小物をそろえておけば、気温差も怖くないですよ。

気温差の大きな移動を乗り切るアウターコーデをご紹介します!

レイヤードで楽しむトレンチコート

トレンチ 黒パーカー

出典元:WEAR

ベージュのロング丈のトレンチコートに、黒パーカ、デニムのコーデです。気温が低いときは、フロントを閉めてしっかり防寒できますね。

首回りはパーカーのフードのおかげで常にあったか。デニムは幅広の今年らしいものを選び、カモフラトートでカジュアルコーデです♪

トレンチ ボーダー

出典元:WEAR

ベージュのトレンチにグレーのパーカー、ボーダートップスのレイヤードコーデです。ボトムスは細身の黒パンツでベーシックなカジュアルスタイルですね。

バッグからファーストールをのぞかせて、今年らしさをプラス♪寒くなったら、ファーストールも首回りに使えます。スニーカーで軽快に。

トレンチストール

出典元:WEAR

ベージュのトレンチコートはゆったりとしたシルエット。黒のタートルネックとボトムスで、インナーはシンプルコーデです。

チェックのストールをレイヤードした防寒スタイルです。風が冷たくなってきたら、首元にしっかり巻きつければOKですね。足元はショートブーツでキレイめスタイルです。

フードのないダウンはかさばりにくい♪

グレー ダウン

出典元:WEAR

電車や飛行機などの移動があるときには、脱いだときにコンパクトなアウターがおススメです。フードなしのグレーのダウンは羽織るだけであったか。インナーはニットワンピでキレイめです。

襟が大きめなので、寒い場所に出るときはフロントをしっかり閉めれば、ストールは不要ですね。手袋は用意しておきましょう。

黒ダウン

出典元:WEAR

薄手の黒ダウンジャケットは、西川ダウン。

羽毛布団を研究しつくしてきた老舗の技術で、見た目は軽やかですが、しっかり防寒できます。インナーは黒ニットとネイビーのリブニットスカート。

タイツで足元もしっかり寒さから守られています。

ダークトーンの中に差し色でキャメルのバッグをプラスした、大人キレイめコーデです。

ベージュダウン

出典元:WEAR

ベージュのダウンジャケットは短め丈でコンパクト。斜めにキルティングが施されているので、着膨れも防止できるデザインです。

インナーは薄手の黒ワンピースなので、寒いところへ移動した場合はさらにストールやスヌードをプラスするとあったかですね♪

黒タイツ×黒ブーツのシンプル配色ですが、スカートのレースの素材感や、ブーツのレザーの質感がブラックコーデにメリハリをつけてくれます。

黒 デニムジャケット

出典元:WEAR

黒のダウンコートのコーデ。インナーに薄手のデニムジャケットとデニムパンツを合わせています。

アウターにアウターをレイヤードしたスタイルなので、防寒もばっちり。例えば気温が高い地域に旅するときも、到着後、着替えることなくそのまま出掛けられますね。

ショートブーツはヒール低めで歩きやすいものを選んでいます。ぽんぽん付きベレーで大人かわいいコーデです。

機能重視ならミリタリーコートが正解!

ミリタリー 

出典元:WEAR

外の移動が多い日は、機能性の高いミリタリーコートがおススメです。フロントボタンをダッフルコートと同じトグルボタンにしたカーキのコートは、フードもファーつきで見た目もあったかです。

インナーは白ニットとデニムパンツで、シンプルカジュアル。ニットキャップも防寒にひと役買ってくれますよ。

ニットロングスカート

出典元:WEAR

カーキのミリタリーブルゾンのコーデです。黒のニットトップスに、ニットロングスカートを合わせて、インナーもあたたか素材のコーデです。

ニットは女性らしいシルエットも出せて、カジュアルになりがちな防寒コーデをキレイめに仕上げてくれますね。ゆるっとフードを背中に下げた着こなしですが、しっかりフロントを閉めれば寒い場所にも対応できます。

キュレーター紹介

test1

mochida

カテゴリー