好感度抜群☆爽やかさキワだつ旬コーデを目指すならストライプで決まり!

年齢・性別を問わずどんな人からも好まれる、爽やかコーデ。手っ取り早く、爽やかさをだしたいときには、ストライプを投入するのが常套手段です。ストライプといってもさまざまです。コーデのどこに、どんなアイテムを使えば今っぽく決まるのでしょうか?

ストライプで爽やかコーデを目指そう!

爽やかですっきりとしたスタイルは世代を問わず人気です。そんな爽やかさを出すために便利なのが、ストライプ。ストライプといってもさまざまで、ものによっては素朴に見えたり、派手に見えたりしてしまいます。だからこそ、コーデのなかにうまく取り入れることができればオシャ見えすること間違いなし!

ワンピースなら、控えめなストライプをチョイス

ワンピースは、コーディネートのなかでも大部分を占めることになります。だから、ストライプのワンピースを着るなら、縞のインパクトが少なめのものを選ぶようにしましょう♪

キャミワンピで控えめストライプのコーデ

コーデ

出典元:WEAR

肩紐がある分、主張が控えめになるキャミソール型のワンピース。今年は、キャミワンピがとても人気です。ストライプ柄のインパクトをおさえぎみにするには、白地の幅が広めのものを選ぶと良いです。ストライプの白地に合わせて、インナーやボトムスを白で統一すると、まとまりが出やすいのでおすすめ。爽やかなストライプと相性の良い小物は、麦わら帽子や、かごバッグなど。足元はサンダルで抜けをつくって。

イレギュラーストライプのドルマンワンピ

ドルマンワンピ

出典元:WEAR

太さや幅が不規則な、ストライプ柄のなかでもデザイン性の高い縞模様。こうしたランダムなストライプを大人っぽく着こなすには、グレイッシュなブルーなどの薄めカラーを選びましょう。イレギュラーに配置されたストライプは、コーデ全体にアンバランスなリズムを生み出すので、エフォートレスな装いにぴったり。ウエストをブラウジングさせたゆとりのあるシルエットであれば、デニムジャケットなどのハードなアイテムと合わせてもバランスよくまとまります。

ストライプのスカートでつくるカジュアルコーデ

ストライプのスカートは、ワンピースほどではなくても非常にインパクトの出やすいアイテムです。爽やかに着こなすためにはボリュームの調節がカナメとなります。

切り替えフレアラインスカート

切り替えフレアースカート

出典元:WEAR

本来、フレアラインはサークル状に生地を裁断することで表現します。でも、このスカートのように切り替えることで裾へのひろがりを感じさせるデザインは、とてもデザイン性が高いだけでなく、フェミニンで華やいだ印象を与えてくれます。裾の切り替え部分が幅広めなのでインパクトもあります。オシャレ感度の高い大人の女性にぴったりです。足元はサンダルで軽やかさもプラスして。

マキシ丈のストライプスカート

マキシ丈

出典元:WEAR

黒地に白ラインの親子縞。スカートシルエットもはかまっぽい台形で、シンプルなフォルムです。マキシ丈なので、しとやかなイメージ。そこへカジュアル感が満載のデニジャケを合わせて、ボーイッシュさをプラスします。ガーリッシュな表情のヘアアレンジと、軽やかなスニーカーの足元が元気な印象で、落ち着き具合とライトさのほどよいバランスが生まれています。面積が大きいスカートなのに、インパクトは控えめなのは、ストライプならでは。

ストライプパンツで叶えるハンサムコーデ

カッコいい大人女子を目指すなら、ストライプパンツはとっても頼れるアイテムです。縦縞のデザインや生地感をよくみて、今どきの爽やかパンツスタイルコーデを!

シングル・ストライプのタックパンツでハンサムに

シングル・ストライプ

出典元:WEAR

「大名縞」とも呼ばれるシンプルな、シングル・ストライプは日本の男性用浴衣地としても使われてきたことからも想像されるように、マニッシュ感たっぷりの生地です。オフ白地に黒のストライプは一番シンプルな縦縞柄。ヘムラインに向かって膝下のラインを絞ったスリムなタックパンツなら、旬度の高いコーデが叶います。黒のロゴTシャツをタックインしてカジュアルに着こなすと、爽やかさも一段とアップします。足元には、甲が露出するデザインのフラット靴のように、ハンサムかつ女性らしさもアピールできるものを選んで。

ワイドパンツでリラクシーなハンサムコーデ

ワイドパンツ

出典元:WEAR

黒地に白のピンストライプは、大人っぽい印象づくりに最適。ワイドなシルエットで、生地はサラっとした落ち感のあるデザインのものを選べば、リラクシーな雰囲気になります。ゆったりとした余裕のあるサイズ感でも、腰まわりがボディラインにフィットするものを選べばすっきり大人っぽく着こなせます。トップスにはTシャツ、足元にはサンダルといった抜け感のあるアイテムを合わせて、ラフにコーデするのが今っぽいです。

カテゴリー