ファッショニスタが夢中♡バレエアイテムで甘めカジュアルが今年のトレンドに

今ファッショニスタの間で人気の甘めカジュアル。実はチュールスカートやバレエシューズで簡単に再現することができるんです♡春夏のイメージのあるバレエアイテムですが、レイヤードやパンツと一緒に取り入れることで旬の冬コーデに上手にシフトできます。さっそく人気のバレエアイテムとその着こなし方についてチェックしてみましょう!

バレエアイテムがファッショニスタに大人気♡

今ファッショニスタの間でトレンドになっている「バレエ」アイテム。
ふんわんりとガーリーな着こなしはもちろん、合わせ方次第ではカジュアルコーデにもシフトできるとあって大人気なんです!

女の子らしいチュールスカートやバレエシューズなど、これからのシーズンに合わせて上手に取り入れたいですね♡デートシーンからちょっとしたお出かけまで、人気のバレエアイテムと一緒に取り入れ方をさっそくチェックしてみましょう。

まずはチュールスカートからチェック

今季はロング丈がマストアイテム!

まずは人気のチュールスカートからチェックしてみましょう!
チュールスカートは女の子らしいふんわりとしたシルエットや動きが特徴的です♡

取り入れるだけで女性らしさを演出できますが、今季取り入れるなら長めの着丈がおすすめです。程よく重みをアピールできれば、春~夏のイメージのチュールスカートも冬仕様にシフトできます。

ゆるニットと合わせてこなれ感アップ

 出典元:WEAR

出典元:WEAR

ふんわりとしたチュールスカートはゆったりサイズのニットと合わせるのがおすすめ♡女性らしさはもちろん、エフォートレスなこなれ感が今年らしい着こなしになりますよ◎

ロング丈のチュールスカートは冬らしさを引き立てますが、黒やネイビーではコーデが重く見えてしまうことも…。上手に色の組み合わせをするのもポイントになりそうです。

くすみカラーが冬らしさ満点♡

 出典元:WEAR

出典元:WEAR

こちらのコーデではくすみカラーのチュールスカートをオン♡
くすみカラーなら長めのシルエットに程よく重みを増して冬らしい着こなしが出来ます。

他にもグレーやカーキなど、ニュアンスカラーのチュールスカートも女性らしい着こなしができておすすめです。

ワンランクおしゃれ!×パンツのレイヤードコーデ

甘く着ないおしゃれさんが増加中

 出典元:WEAR

出典元:WEAR

おしゃれさんの中でも、カジュアルコーデが好きな方はパンツと一緒にレイヤードしたコーデが人気です。パンツとレイヤードすることで、カジュアルダウンはもちろん、甘めのチュールスカートもデイリーに使いやすいコーデになります!

こちらのコーデもデニムパンツと一緒にチュールスカートをオン!ボーイッシュなレースアップシューズやブルゾンと合わせて大人カジュアルに上手にシフトしています。

スウェットでカジュアルコーデ

 出典元:WEAR

出典元:WEAR

こちらはカットオフデニムとチュールスカートをレイヤードして、カジュアルな抜け感コーデに仕上がっています♡カジュアルなカーキならカットオフデニムとも相性抜群!

さらにラフなスウェットを合わせることで、抜け感のある大人カジュアルに仕上がっています。スニーカーやニット帽など、カジュアルな小物アイテムの使い方もおしゃれです。

しっかり透け感のあるスカートも◎

 出典元:WEAR

出典元:WEAR

中にはレイヤード専用の透け感の強いチュールスカートも登場!中に履くパンツによって、チュールスカートの雰囲気もガラリと変わります。こちらのコーデではダメージデニムをレイヤードして、カジュアルムードを盛り上げていますね♡

甘辛コーデもチュールスカートひとるで簡単にトライできます。

シューズもバレエブームが止まらない!

白ソックスと合わせるのが大人気

チュールスカートの他にも、まだまだバレエアイテムは人気です♡フラットシューズは歩きやすさはもちろん、今季のロングボトムスにも追わせやすく大人気!

特に白ソックスと一緒にコーデすることで、程よく抜け感のある着こなしが叶います。ちょっとしたお出かけやショッピングにもおすすめのアイテムです。

バレエシューズで抜け感をプラス

こちらはワイドパンツにバレエシューズをプラス。
ハンパ丈のボトムスにも、フラットなバレエシューズはマストアイテム。

白ソックスを加えることで、微妙な隙間もしっかり防寒できるんです!冬のほっこりとした雰囲気もアップするので、大人カジュアルに取り入れたい合わせ方ですね。

カラーニットもバランスよく◎

バレエシューズ×白ソックスは少し派手な柄やカラーコーデの抜け感ポイントになります。特に白はどんな色にもおしゃれなアクセントになります。黒や赤のバレエシューズでコーデのアクセントを演出してみてください!

カテゴリー