「平凡ニット」じゃつまらない!これからは【表情のあるニット】を主役に♡

今日も「このコーデ前と同じ?」って言われちゃった…。どのコーデも似たりよったりでなんとなく垢ぬけないのは、もしかしたら「ニット」が原因かもしれません。「ニットなんてどれも同じでしょ?」と思ったら大間違い!デザインや素材の異なったニットをチョイスするだけで、がらりと違った表情のコーデを楽しめます。
pbook 2016.12.23

「そのコーデ、この前と同じ?」

ニット

出典元:WEAR

寒い冬は毎日でも着たくなる、あったかニット。
毎回違った組み合わせで着こなしているハズなのに、いつも同じような雰囲気になってしまう…なんて経験、ありませんか?

同じニットアイテムでも、デザインや素材のちょっぴり異なるアイテムをチョイスするだけで、がらりと違った雰囲気を演出できるんですよ。

ほっこりあたたたかそうな「ケーブルニット」

ケーブルニット

出典元:WEAR

ケーブルニットとは、縄のような網目の「ケーブル網み」を施したニットのこと。どことなく北欧ちっくな雰囲気で、見ているだけでもあたたかそうなデザインですよね。

今年トレンドのビッグサイズのケーブルニットは、ニット特有のほっこりした雰囲気がさらに倍増。冬素材のファーアイテムと相性抜群です。

テラコッタカラーで大人に

ケーブルニット

出典元:WEAR

ニットはカラーによってもがらりと表情が変化。
テラコッタカラーのケーブルニットは、白のケーブルニットよりもグンと大人っぽい雰囲気です。

主張の強いカラーリングなので、これ1枚でコーデの主役に。
ダークトーンできりりとまとめることで、どことなく色気の漂うニットコーデが演出できます。

独特の質感がユニークな「シャギーニット」

シャギーニット

出典元:WEAR

羽根のようなふわふわ質感が特徴のシャギーニット。
ひとくくりに「シャギーニット」と言っても、カラーや毛足の長さによって少しずつ表情が異なる、ユニークな雰囲気のニットです。

白のシャギーニットは、フェミニン色が特に強いアイテム。
クールなモノトーンのアイテムも途端に甘くなり、大人キュートな雰囲気を演出してくれます。

毛足が長いとゴージャスな印象に

シャギーニット

出典元:WEAR

毛足の長いシャギーニットは、ボリュームたっぷりでゴージャスな印象。今年大人気の「ファー」のような見た目で、トレンドライクな印象が叶います。

ダークトーンのシャギーニットは、ぐっとクールな雰囲気が倍増。タイトなボトムでメリハリをつけたコーデが定番ですが、あえて個性派に仕上げたコーデもパンチがあって素敵です。

ボヘっぽい雰囲気が特徴の「フリンジニット」

フリンジニット

出典元:WEAR

その名の通り、細かいフリンジがついたデザインの「フリンジニット」。1年を通してボヘミアンテイストが流行した今年は、特に見逃せないデザインのニットです。

グレーのフリンジニットはこなれた印象で、どこか海外らしい雰囲気が漂います。シンプルながらもインパクトのあるデザインなので、コーデ自体もシンプルにまとめてあげるのが正解。

雰囲気たっぷりなブラウン

フリンジニット

出典元:ZOZOTOWN

ブラウンのフリンジニットはさらに雰囲気たっぷり。
ついつい定番に着こなしてしまいそうですが、アースカラーのカーキと合わせてボヘっぽく仕上げるのがオシャレです。

さりげなく肌見せの叶うVネックデザインなので、コートの下に着ても重くならないのが◎コーデのポイントとして、つば広のハットをプラスしてあげても素敵。

この記事のキーワード

関連記事