次なるブームは【ビビッドピンク】!大人コーデに上手く取り入れる方法は?

今大人世代の間で「ビビッドピンク」がブームなのをご存じですか?ニットにパンプス、さらにはコートまで、街ではビビッドピンクに身を包む女子が大多数!一見難しそうなビビッドピンクですが、大人世代は一体どのように取り入れるのが正解なのでしょうか?オシャレなコーデ術を、アイテム別でご紹介します♡
pbook 2016.12.29

ピンクブームはまだ終わらない!

ビビッドピンク

出典元:WEAR

今年の冬は「ピンク」が大人世代に大ブーム!
くすみピンク、パステルピンクときて今特に注目を浴びているのが、お目立ち度大のチアフルカラー「ビビッドピンク」。

一見難易度が高そうなこのカラーを、上手くコーデに取り入れるにはどうしたらいいのでしょうか?各アイテムの取り入れ方を、早速チェックしていきましょう!

トレンドの「ニット」から取り入れる!

ピンクニット

出典元:WEAR

冬のトレンドカラーは、とえりあえずニットから取り入れておけば間違いナシ。「ボトルネック」や「ボリュームスリーブ」など旬のデザインをチョイスすれば、これ1枚で今期のトレンドスタイルが即座に叶います。

インパクトのあるボリュームボトムは避け、淡めトーンのデニムパンツでカジュアルダウンするのが大人流。スポーティーなスニーカーを足元にチョイスし、どこか海外の雰囲気漂うこなれた着こなしを演出。

アウタースタイルのインナーに

ピンクニット

出典元:WEAR

お目立ち度大なビビットピンクは、アウタースタイルのインナーとしても大活躍。ダークトーンのアウターを合わせても、インナーのビビッドピンクの効果で顔周りがぱっと華やかに。

合わせるカラーは引き算して、メインのビビッドピンクをとことん目立たせてあげるのが正解です。

「スカート」でレディ度底上げ♡

ピンクスカート

出典元:WEAR

周りよりワンランク上を狙うなら、女子の特権である「スカート」にビビッドピンクをチョイス。ミニ丈のピンクスカートはフェミニン色が強い印象ですが、ロング丈はエレガントな雰囲気で、大人世代にぴったりです。

ワントーン暗めなビビッドピンクなら、パープルに近い雰囲気で扱いやすさがUP。ホワイトのボリュームスリーブニットと合わせたロマンティックなシルエットコーデは、大人のデートコーデにもおすすめ♡

黒でまとめて大人ガーリーに

ピンクスカート

出典元:WEAR

とことんガーリーに着こなすなら、タイトなフェザーニットをトップスにチョイス。甘い雰囲気のホワイトもキュートですが、あえてクールな黒を合わせたメリハリのあるカラーコーデも素敵です。

足元も黒でまとめ、主役のピンクをとことん強調。
シンプルアクセのダブル使いテクで、周りと差をつけて。

鮮やかな「コート」をコーデの主役に

ピンクコート

出典元:WEAR

レトロな雰囲気でとびきりキュートなビビッドピンクのコート。
合わせにくそう、と敬遠してしまいがちですが、必要なのは引き算テクニックだけなので、コーデを組むのは意外と簡単。

クローゼットに暗めのカラーが多い方や、いつものコートスタイルに飽きてしまった人に♡

モノトーンコーデに1点投入

ピンクコート

出典元:ZOZOTOWN

モノトーンでまとめたきちんとスタイルに、ビビッドピンクのコートをON。シンプルなノーカラーのデザインなら、お目立ちカラーでも上品な雰囲気にまとまりますよ。

普段のお出かけにはもちろん、華やかさを演出したいパーティースタイルにもぴったり。

この記事のキーワード

関連記事