あったかさ&動きやすさ重視!【自転車通勤】さんのおすすめコーデ♡

冬の寒さもピークになり、自転車通勤派の皆さんには特に厳しい時期に。この季節の自転車通勤コーデで一番大切なのは、何より「あたたかさ」と「動きやすさ」ですよね。そこで今回は、自転車通勤さんにおすすめの冬コーデを「アウター」「ボトム」「小物」の3つに注目してまとめてみました♡

動きやすさと防寒性が大事!

自転車通勤コーデ

出典元:WEAR

冬の寒さもそろそろ本番。
毎日朝の冷たい空気を切りながら会社へ向かう自転車通勤さんにとって、一番ツライ時期になりました。

この時期の自転車通勤コーデには、「あたたかさ」と「動きやすさ」が何より重要。どんなコーデがぴったりなのか、早速チェックしていきましょう!

アウターは【あったかいショート丈】がベスト!

定番の「ダウンジャケット」

ダウンジャケット

出典元:WEAR

自転車通勤コーデのアウターは、まず車輪に絡まない「ショート丈」が第一条件。丈が短い分、とことん防寒性の高いアウターがベストです。

軽くてあたたかい「ダウンジャケット」は、真冬の自転車通勤にはかかせないアイテム。あたたかい上に腕が動かしやすいので、20分、30分と長時間乗っていても疲れにくいのが嬉しいポイントです。

動きやすさを追求するなら「ダウンベスト」

ダウンベスト

出典元:WEAR

長袖のアウターは体が動かしにくいのが気になる、というアナタは、袖なしのダウンベストをチョイスして。腕が動かしやすいので、カーブの多い入り組んだ通勤ルートを通る方も安心です。

やはり袖が無い分腕がちょっぴり寒いので、パーカーやニットなど、厚手のインナーとレイヤードするのが通勤コーデのポイント。ボア素材や、フードの部分にファーがついているデザインもあたたかくておすすめです。

コート派さんはショート丈の「Pコート」

Pコート

出典元:WEAR

コート派さんは、丈の短いPコートをチョイス。
コートはダウンよりも体にぴったりと密着するので、窮屈にならないよう、いつもよりワンサイズ大きめをチョイスするのがポイントです。

トラッドな印象のPコートはカジュアルすぎないので、「通勤コーデはきちんと派」のあなたにぴったり。落ち着いたトーンでまとめたマニッシュなコーデがよく似合います。

【ボトムス】は動きやすさを重視して

実は保温効果の抜群な「スウェットパンツ」

スウェットパンツ

出典元:WEAR

自転車通勤コーデのボトムには、とにかく動きやすいパンツスタイルがベスト。引っかかってしまう恐れが無いよう、タイトなシルエットのパンツをチョイスしましょう。

動きやすいパンツといえば、スポーティーな「スウェットパンツ」がやはり王道。スウェット素材は保温性にも優れているので、寒い冬のコーデにもぴったりなんです。

家事もしやすい「スキニーパンツ」

スキニーパンツ

出典元:WEAR

タイトなパンツといえば、スキニーパンツも見逃し厳禁。通勤にはストレッチの効いた素材を選ぶのがポイントです。

履き心地の良いスキニーは通勤時だけでなく、お家に帰ってから家事をするときにも楽ちん。最近は裏起毛や発熱素材など防寒に特化したスキニーも続々出てきているので、まだ取り入れていない方は是非チェックしてみて!

今年のトレンド「デニムパンツ」

デニムパンツ

出典元:WEAR

今年のトレンド素材である「デニムパンツ」も自転車通勤に一押し。動きやすさはもちろんのこと、デニムは風を通しにくいので、防寒面でも優秀なアイテムです。

カジュアルな見た目なので、パーカーやダウンなどのアイテムと相性抜群。寒い真冬は、タイツなどのインナーを重ね履きすることでさらにあたたかく着られますよ。

【あったか小物】で細かい部分もぬかりなく

首元は「マフラー」でしっかり防寒

マフラー

出典元:WEAR

朝の冷たい風を切って進む自転車通勤時、首元の露出はとにかく寒い!あったかいマフラーを巻いて、冷えやすい首元をしっかりと守りましょう。

巻き方は忙しい朝にも簡単にできて、何層にも空気を遮断できる「ぐるぐる巻き」がおすすめ。カジュアル派さんはネックウォーマー、フェミニン派さんはふわふわのファースヌードなどをチョイスしてもいいかも。

冷えやすい手先には「手袋」がマスト

手袋

出典元:WEAR

会社へ着く頃には感覚がなくなる程冷え切っている手元。
一度感覚がなくなると元に戻るまでに時間がかかり、しばらくペンを握ることもできない…なんて大変な事態になることもしばしば。

冷えやすい手先も、あたたかい手袋でしっかりと防寒しましょう。ミトンタイプよりも五本指タイプの方が操作性もよくあたたかいので、自転車通勤さんにおすすめです。

「耳あて」で耳元の防寒も忘れずに!

耳あて

出典元:WEAR

冷えやすいのについ見落としてしまいがちな耳元。
耳の冷えは、放っておくとあかぎれやしもやけの原因にもなるので要注意です。

ふわふわの耳あてで耳全体をしっかりと覆って、冷たい風をシャットアウト。見た目もかわいい、ボア素材やファーの耳あてが女性におすすめです♡

カテゴリー