レトロな街角に名店あり!台北のカフェ激戦区「康青龍」のオススメの店10選

台北の永康街・青田街・龍泉街は康青龍と呼ばれています。表通りから一歩入った路地裏には日本統治時代の建物が数多く残っており、昔ながらのレトロな雰囲気が漂っています。ここにはセンスのいい個性的なカフェが多く、カフェ激戦区となっているんですよ。その中のオススメカフェ10店舗をご紹介します。
pbook 2016.12.27

4.CAFFE’ LIBERO|ハイカラな大人カフェ

大人のしゃれたカフェをお探しなら金華公園のすぐ横にあるCAFFE’ LIBERO(咖啡・小自由)がいいですよ。

ここの建物は台湾が最も成長した40年前に建てられた民家を改装したもの。シックな中に光る上質感を感じますね。

アンティーク家具もステキです。これらも全て70年代のモダンスタイルなのです。

オススメは香り高く深みのある味わいのある自家焙煎のコーヒーです。また店内にスイーツ専門のパティスリー「雷斯理」があるだけあって、おいしいケーキやマカロンなどがいただけます。

 

【店舗情報】
・住所:台北市金華街243巷1号
・TEL:(02)2356-7129
・営業時間:月~土14:00~24:00、日12:00~18:00
・定休日:なし
・アクセス:MTR「東門」5番出口から徒歩5分
・HP:CAFFE’ LIBERO

 

5.兔子聽音樂|大きな樹の木陰のオープンカフェ

兔子聽音樂も師範学校近くのカフェです。
角地にあり大きな樹の木陰が心地よいナチュラルな木のぬくもりが感じられるカフェです。

店名の兔子聽音樂はオーナーのウサギ好きがら名付けたとか。店内にはかわいいウサギのぬいぐるみと音楽とおいしい食事とデザートと飲み物があります。

食事はイタリアンです。

ここはケーキがおいしいんです。
平日は8種類程度、休日は10種類以上の中から選べるので、コーヒーと一緒にどうぞ。

 

【店舗情報】
・住所:台北市青田街6巷15號
・TEL:(02)2395-9388
・営業時間:11:30~22:00
・定休日:旧正月
・アクセス:MTR「東門」5番出口から徒歩10分
・HP:兔子聽音樂

 

6.青田七六|日本統治時代の家屋がカフェに

日本統治時代に高級住宅街だった青田街は、今も当時の建物が数多く残っています。多くはカフェやレストランとして改装され、青田七六もそのひとつです。

店内に入るとピカピカの廊下を守るため靴を脱ぎ靴下で歩きます。かつての日本家屋が時代を経てとてもいい味を出してますね。

ここでは日本スタイルでお食事を出すのです。

カフェタイムは14:30~17:00です。コーヒーもおいしいですが器もステキですね。

なんだかほっとします。

 

【店舗情報】
・住所:台北市青田街七巷6號
・TEL:(02)2391-6676
・営業時間:11:30~21:00
・定休日:第1月曜日・旧正月
・アクセス:MTR「東門」5番出口から徒歩10分
・HP:青田七六

 

7.Ecole Cafe|レトロでスタイリッシュなカフェ

Ecole Cafe(學校咖啡館)も青田街の日本統治時代の建物が多く残る住宅街にあるカフェです。オーナーがデザイナーとあって店内はとてもスタイリッシュ。

店名のEcoleはフランス語で学校という意味。
近所に小学校があり、カフェで使われている椅子もドイツの学校で使われてたものなんです。

カフェのデザートはジャムにいたるまで全て自家製です。ケーキセットがオススメです。

また旬の台湾のフルーツを使ったフレッシュジュースもおいしいですよ。

 

【店舗情報】
・住所:台北市青田街1巷6号
・TEL:(02)2322-2725
・営業時間:13:00~23:00
・定休日:なし
・アクセス:MTR「東門」5番出口から徒歩12分
・HP:Ecole Cafe

 

この記事のキーワード

関連記事