冬をもっとオシャレに楽しむ!今取りいれるべき【カラーコート】コーデ

冬を彩る色鮮やかなカラーコート。どうしても敬遠しがちだからこそ、もっと大人女子がオシャレに着こなすにはどうしたいいんでしょうか?そんなお悩みを解決すべく、カラー別に厳選したオシャレコーディネートをご紹介致します。マスターすればもっと冬のオシャレが楽しくなるはず!
pbook 2017.01.07

【カラーコート】で冬をカラフルに楽しむ!

ダークな真冬のコーディネート。
特にコートは黒やグレーなど暗めのカラーを選びがちですよね。

でも、オシャレ度をもっと上げるなら、カラーコートを取り入れてみてはいかがでしょう?グッと華やかにしてくれる厳選オシャレコーデを参考に、真冬のコーディネートをブラッシュアップ!

女度MAXなレッドは大人レディ・シックに

大人女子に是非挑戦してもらいたいのが、女度MAXな赤のコート。大人シックに決めてもレディライクに着こなせて、かつカジュアルスタイルにも意外なほど合うから絶対ステキになれる不思議なカラー!

大人レディライクに着こなして、女性らしいスタイルを楽しんで。

カジュアルスタイルに合わせるだけ!レディなスタイルに

カラー コート コーデ

出典元:WEAR

ニットにインディゴデニムを合わせたコーディネートにさっと羽織った赤のコート。これだけで一気に華やいでレディスタイルに。

ローファーやベレー帽など少しトラッド風味をプラスするとより一層ステキに見えますよ。

とことんレディに着こなすなら?チェーンバッグをアクセントに

カラー コート コーデ

出典元:WEAR

赤のウールコートを主役にスタイリングしたこのコーディネートは、ブラックタイツにブラックブーティを合わせてよりシックに決めて。

チェーンバッグやファーの帽子で女性らしい真冬のスタイルに。レオパード柄が効いてます!

ファッショニスタからラブコール!ロイヤルブルーの鮮やかコーデ

世界中のセレブ・モデル・ファッショニスタからラブコールが絶えないのが、ロイヤルブルーのアウター。ここぞ!って時も周りとかぶらないからブルーの魅力が引き立ちます。

オシャレさんは一着持っているともっとコーディネートの幅が広がるのではないでしょうか?

青系でまとめたワンピとコートが新鮮オシャレ

カラー コート コーデ

出典元:WEAR

水彩画のような個性的なワンピースの合わせたのはロイヤルブルーのコートにブラックな足元。ワンピース自体は白ベースなのに、こんなにまとまって見えるのは、ワンピースとコートの色味を上手にマッチさせているから。

足元を黒でまとめて美脚スタイルアップ!ブルーも締まって見えますね!

モノトーンコーデに合わせれば簡単格上げコーデ

カラー コート コーデ

出典元:WEAR

ボーダータートルニットに黒のタイトスキニーと全体をモノトーンでまとめたコーディネートは、足元をスポーティーにハズしたクールなスタイル。

その印象を壊さず上手に格上げするならロイヤルブルーが一役買ってくれますよ!

チェック柄スカートに合うロイヤルブルーのトラッドスタイル

カラー コート コーデ

出典元:WEAR

ぱっと目を惹くチェック柄のスカートがかわいいコーディネート。ソックス+スリッポンなどカジュアルトラッドな印象を、キリリと締めてくれるロイヤルブルーのコートは超優秀!

こっくりした色味がかわいい♡黄色ならマスタードを

黄色のコート、と聞くとどうしても淡いパステルカラーやビビットなカラーを想像しがち。でも、ちょっと冬には似合わないかもしれないですね。

それなら、今年イチオシのマスタードはいかがでしょうか?主役に取り入れるマスタードは新鮮です!

ファー付きウールコートは温かみのある素材感が◎

カラー コート コーデ

出典元:Pinterest

首元のファーが豪華なマスタードウールコート。色味と素材感でほっこりとしたレトロな印象に。

もちろんワンピースもヴィンテージライクなものをチョイス。足元はマスタードと合うブラウンを。

マキシコートならネイビーを合わせて上品なスタイルで

カラー コート コーデ

出典元:ZOZOTOWN

存在感の強いマスタードカラーのマキシ丈コート。
羽織っているだけで周りから振り返られるようなスタイルになるので、中に合わせるコーディネートは上品にネイビーを。

ただし、あくまでネイビーだけではなく、個性を発揮しているところが大人のオシャレ上級者!

カジュアルダウンコートもマスタードなら誰ともかぶらない!

カラー コート コーデ

出典元:ZOZOTOWN

今年トレンドに急浮上しダウンコートは、マスタードを選べば周りとかぶらず、ダークトーンのコーディネートとも好相性。

オールブラックスタイルに一枚羽織るだけでトレンド感と温か味をプラスしてくれます。

この記事のキーワード

関連記事