みんなの好感度を独り占め!思わず褒められる愛され【オフィスコーデ】

何かと気を使う、オフィスでの服装。毎日雰囲気を変え、程よくトレンドも取り入れてオシャレに演出したいオフィスコーデですが、周りからの「好感度」も大事なポイントですよね。今回は「上司」「同僚」「後輩」のそれぞれから思わず褒められる、オフィスコーデのポイントをご紹介します!

みんなに好かれるオフィスコーデとは?

褒められオフィスコーデ

出典元:WEAR

デイリーコーデよりも難易度の高いオフィスコーデ。マンネリしないように毎日雰囲気を変え、程よくトレンドも取り入れたオシャレなオフィスコーデが理想ですが、周りからの「好感度」も重要なポイントですよね。

上司、同僚、後輩それぞれから思わず褒められるオフィスコーデのポイントを、早速チェックしていきましょう!

上司受けを狙うオフィスコーデ

水色ニットで爽やかに

水色ニット

出典元:Pinterest

上司受けを狙うなら、オフィスの空気をぱっと華やかに彩る明るめカラーをチョイスしてみて。鮮やかなスカイブルーに細めのストライプが入っているニットで、とことん爽やかな印象をGETしましょう。

インナーには白シャツをレイヤードして、オフィスコーデらしいきちんと感を演出。ダークトーントーンのパンツできりりと引き締めれば、派手じゃないのに華やかさ抜群な上司受けコーデの完成です。

ホワイトのセットアップで清楚に

セットアップ

出典元:WEAR

今年のトレンドアイテム「セットアップ」も、きちんと感があって上司から好印象。カラーは清潔感のあるホワイトが、上司だけでなくどんな年齢層の人からも高支持です。

そんな白のセットアップは、余計なアレンジは加えずシンプルに着こなすのがオフィスでは正解。控えめな小ぶりアクセで、さりげなく顔周りを彩って。

タイトスカートで大人見せ

タイトスカート

出典元:WEAR

スカートコーデで上司受けを狙うなら、きっちりとした印象のタイトスカートが◎。ダークトーンの配色を選べば、「お、今日はなんだか大人っぽいな」と一目置かれること間違いナシ。

Vネックのカーディガンをトップス風に着こなして、さりげなく小ワザを効かせるのがポイント。思わず上司も憧れる、ワザありオフィスコーデが完成です。

同僚受けを狙うオフィスコーデ

ダークトーンで媚びずにかっこよく

ダークトーンコーデ

出典元:WEAR

同僚受けを狙ったオフィスコーデは、誰にも媚びない自然体な雰囲気が◎。クールなダークトーンを使って、落ち着いた雰囲気のオフィスコーデを演出しましょう。

足元はヒールパンプスをチョイスして、バランスよく足首を肌見せ。ホワイトのバッグでさりげなく明るさを取り入れて。

ゆったりワイドパンツでラフさをプラス

ワイドパンツ

出典元:WEAR

ゆったりとしたワイドパンツのオフィスコーデは、ラフな雰囲気で同僚からも親しみやすく好印象。キャメル×ホワイトの王道なカラーコーデで、ナチュラルな大人っぽさを手に入れましょう。

コーデをベーシックにまとめた分、バーガンディカラーのバッグを差し色としてプラス。王道コーデに季節感が加わり、トレンドライクな印象に早変わり。

ファーベストでワンランク上に

ファーベスト

出典元:WEAR

今年のトレンド素材であるファーのベストをプラスしたコーデも、個性があって素敵。オリジナリティを出したワンランク上のオフィスコーデは、同僚から一目置かれること間違いナシ。

ボトムはライトグレーのパンツで明るさを取り入れ、小ワザの効いたバイカラーのヒールパンプスでオシャレに。バランスよく、洗練された雰囲気のこなれオフィスコーデです。

後輩受けを狙うオフィスコーデ

ニュアンスコーデで優しい雰囲気をGET

ニュアンスコーデ

出典元:WEAR

思わず頼りたくなる優しい雰囲気のコーデが、後輩からは好感度大。グレー×ピンクベージュのふんわりとしたニュアンスコーデで、女性らしく柔らかい印象を手に入れましょう。

足元はブラックできりりと引き締めれば、甘くなりすぎず大人っぽさも残せてgood。オフィスにマストなきちんと感もしっかりと残した、フェミニンな雰囲気のコーデです。

ふんわり柔らかな白ニットを主役に

白ニット

出典元:WEAR

冬の定番、白ニットをコーデの主役に。
全体をブラウン系のワントーンでまとめて、まとまりのよいニュアンスコーデを演出して。柔らかみのあるニュアンストーンのパンツスタイルコーデは、女子からも男子からも好感度抜群。
今年注目の毛足が長いもこもこニットをチョイスして、後輩の目から見てもかわいい先輩コーデに。

鮮やかなカラーストールを使って

カラーストール

出典元:WEAR

アウター代わりにストールをふんわりと羽織るテクニックもおしゃれ。ベーシックなカラーではなく、あえて鮮やかなカラーをチョイスすることで、後輩から憧れられる上級オフィスコーデを演出。

シンプルなモノトーンコーデの中に、1点投入したマスタードカラーが映えます。いつもよりちょっぴり凝ったヘアアレンジで、オフィスの空間を華やかに彩って。

カテゴリー