サイドの「アレ」を有効活用!スリットを上手に使った【ニットコーデ】特集

さまざまなバランスコーデが楽しめる「スリット入りニット」。ただなんとなくで合わせるだけでも十分サマになるアイテムですが、スリットをメインとしてコーデを組むことで、よりバランスよく、ワンランク上の着こなしにアップデートできます。今回はそんなスリット入りニットをもっとオシャレに着こなすための、上級テクをご紹介します。

ニットの「スリット」をオシャレに活用!

スリットニット

出典元:WEAR

ニットアイテムにありがちだけれど、意外と見落としがちな「スリット」のデザイン。ただなんとなくで合わせているだけでも様になるデザインですが、バランスよく組み合わせることでもっとオシャレに演出できるんです。

スリットの上手な使い方をマスターして、周りよりワンランク上の上級コーデを目指しましょう♡

スリット入りニットを使ったパンツコーデ

まずは定番のスキニーをチョイス

スキニーデニム

出典元:WEAR

スリット入りのロングニットといえば、やはりタイトなスキニーとのコンビが鉄板。ボトムにダークトーンをチョイスするとより大人っぽく、スタイルもよく見えますよ。

Vネックのニットに足元はパンプスを合わせて、バランス良く肌見せ。

パンプスは今年トレンドのレオパード柄をチョイスし、シンプルコーデにスパイスを加えて。

ワイドパンツのゆるずるコーデ

ゆるずるコーデ

出典元:WEAR

ロング丈のスリットニットとワイドパンツの今年らしいゆるずるコーデ。スリットが入ることにより、ノーマルなビッグニットを合わせるよりも格段にバランスよく見えます。

カジュアルなスニーカーを合わせて、デイリーにぴったりなリラックスコーデを演出。のんびりと過ごしたい大人の休日コーデにぴったり。

スカートみたいなプリーツパンツをON

プリーツパンツ

出典元:WEAR

スカートみたいなフレアプリーツパンツをINするテクもアリ。白ニット×ペールピンクの組み合わせで、大人なフェミニンコーデを演出しましょう。

ロングニットとプリーツの縦ラインでIラインのシルエットを強調でき、スリットが入る事でバランス良くまとまるので、身長低めさんにもおすすめ。レースアップのヒールパンプスで大人っぽさもしっかり強調して。

スリット入りニットを使ったスカートコーデ

ロング丈の柄スカートを合わせて

花柄スカート

出典元:WEAR

フェミニン派さんはパンツよりもスカートをチョイス。
ロング丈のスリットニット×ミモレ丈スカートのコンビで女性らしさを演出して。

ボルドーのニットに花柄をチョイスして、クラシカルな雰囲気漂う組み合わせに。ボリューム控えめなプリーツスカートならタイトにまとまり、控えめレディな印象をGETできますよ。

レーススカートでフェミニンさを強調

レーススカート

出典元:WEAR

今年の春夏大活躍した、ガーリーなチュールスカートをボトムにON。大人な印象のスリットニットが、一気にフェミニンな印象へ早変わりします。

くすみグリーン×ホワイトのナチュラルな組み合わせで、リラックス感満載に。スニーカーとデニムの小物でカジュアルダウンし、こなれ感UP!

シックなブラックのチュールをON

チュールスカート

出典元:WEAR

大人っぽさを演出するなら、クラシカルなブラックのチュールスカートをチョイスして。ダークブラウンのニットのスリットからちらりとチュールを覗かせて、クールな雰囲気の異素材コーデを演出しましょう。

スカートはあえてひざ丈をチョイスし、個性を強調。冬っぽさ満載なチェックのストールをコーデのアクセントに。

一気に上級者になれる!ワンランク上の着こなしテク

スリットからデニムをチラ見せ

ブーツイン

出典元:WEAR

ここからは、ニットのスリットを存分に活かした上級者テクをご紹介。周りよりワンランク上を演出したいときは、ぜひチャレンジしてみて。

ロングのスリットニット×スキニーデニムの定番コーデに、あえてロング丈のブーツをON。前から見るとニットワンピ風に、サイドから見るとスリットからデニムがチラ見えする、技アリテクニックです。

スリット入りのベストをレイヤード

ニットベスト

出典元:WEAR

チェックシャツ×デニムパンツの定番カジュアルな着こなしには、ロング丈のスリット入りニットベストをプラスワン。たったこれだけで、定番コーデが一工夫あるこなれコーデに変化します。

スリットがあることでよりバランスよく、ボーイッシュなコーデに程良く女性らしさが加えられてgood。デイリーにも使いやすいテクニックですね。

ロングワンピにさりげなくボトムスをIN

ボトムスレイヤード

出典元:WEAR

上品なタイトシルエットのロングニットワンピ。
そのままでも十分素敵ですが、ボトムを1枚加えるだけでがらりと雰囲気を変えて着こなせます。

歩く度に、スリットからさりげなくボトムの裾がチラ見えするのがオシャレ。ボトムの素材やカラーによっても雰囲気が変わるので、さまざまなアイテムの組み合わせを楽しみたいですね。

カテゴリー