女子旅ならココ!宮崎・日南のおすすめ観光スポット15選

北郷、日南海岸、酒谷、飫肥、吾田、油津、細田、南郷の8つのエリアからなる宮崎県の日南は、海や山など豊かな自然が魅力で、とくに美しい海岸線は必見です。今回はそんな日南で女子旅におすすめの観光スポットをご紹介します。人気のアクティビティから絶品グルメ、歴史を感じられるスポットなど15箇所に厳選したので、ぜひチェックして旅行の予定を立ててくださいね!

宮崎・日南とはどんなところ?

宮崎県の日南は、日南市を中心に北から北郷、日南海岸、酒谷、飫肥(おび)、吾田(あがた)、油津、細田、南郷の8つの地域で構成されています。

全域において海や山など美しい自然があり、風光明媚なスポットやマリンスポーツやトレッキングが楽しめるスポットが多いです。また風情ある街並みの飫肥を中心に歴史が感じられるスポットも数多くあります。

今回はグルメやアクティビティも盛り込んで、日南で自然と歴史を感じながらまわれるおすすめの観光スポットをご紹介します。

 

【基本情報】
・名称:日南市観光協会
・住所:宮崎県日南市材木町1-13
・TEL:0987-31-1134
・アクセス:宮崎空港から来るまで60分、JR宮崎駅から電車(日南線)で70分
・HP:観光にちなんの旅

 

1.日南海岸ドライブ|宮崎フェニックスロードで景観を楽しむ

日南で最も有名な観光スポットといえば美しい海岸線を持つ日南海岸です。

実は日南海岸、狭い範囲のスポットではなく、宮崎市青島付近から鹿児島県志布志町までの約140kmの海岸線のことをさすのをご存知ですか?

南国の太陽と青い空に青い海、その美しさから1955年にはこの海岸線を含む地域が日南海岸国定公園に制定されました。

日南海岸周辺は、日本ではじめてのロードパークとして整備されました。ここを走る国道220号線は「宮崎フェニックスロード」とも呼ばれ日本の道100選にも選ばれています。

日南に来たらこの海岸線をドライブすることをおすすめします。

おすすめは干潮時にスタートする青島から南下するルートです。最初に名所「鬼の洗濯板」を見て、美しい景色を見ながらドライブを楽しみましょう。

気になるスポットで車を止めて立ち寄ってみるのもいいですね。

日南海岸沿いの観光地を巡る宮崎交通の定期観光バスもあります。詳しくはHPをご覧ください。

 

2.飫肥城下町|伊東家5万1千石の城下町

風情ある街並みが残る飫肥(おび)の城下町に行ってみましょう。

ここは、1588年から明治初期まで伊東藩5万1千余石の城下町として栄えたところで、現在も武家屋敷独特の門構えに石垣や石段、白い土塀などが残っており昔を偲ばせます。

昭和52年に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

城下町には大手門を中心に藩校振徳堂、飫肥杉で復元造営された平山城松尾の丸、伊東家ゆかりの品を展示している飫肥城歴史資料館があります。

また商人町通りにある街の商店街も江戸時代風の造りとなっていて、街並みを楽しみながら散策ができます。

 

【基本情報】
・住所:宮崎県日南市飫肥
・TEL:0987-25-4533
・開館時間:9:30~16:30 (豫章館、松尾の丸、歴史資料館、小村記念館、旧山本猪平家、商家資料館)
・定休日:12月29日~12月31日
・料金:飫肥城跡の見学は無料、上記6施設は 大人610円、学生460円、子ども300円
・アクセス:飫肥駅から徒歩で10分
・HP:飫肥城下町保存会

 

3.サンメッセ日南|モアイ像のあるテーマパーク

日南海岸沿いに車を走らせサンメッセ日南へ行ってみましょう。目印は突然出現するモアイ像です。

モアイ像は全部で7体。
イースター島の長老会から許可を得て復元したとのことで、高さが5.5mもあります。

ここはパワースポットになっていて、右から2番目のモアイ像を触れば金運が、左から3番目もモアイ像を触れば恋愛運がアップするそうです。

広い園内にはこのほかに天空の塔や資料館、ふれあい牧場、世界昆虫館、リラクゼーション施設、レストランなどがあり、一日のんびりと過ごすことができます。

 

【基本情報】
・住所:日南市大字宮浦2650
・TEL:0987-29-1900
・営業時間:9:30~17:00
・定休日:第1・3水曜日 ※8月は営業
・料金:大人700円、中高生500円、子ども350円
・アクセス:宮崎IC、宮崎空港から車で40分
・HP:サンメッセ日南

関連するキーワード

カテゴリー