元美容師がおすすめ!女性の薄毛対策におすすめなスカルプシャンプー8選

「最近髪にハリコシがなくなってきた気がする」「抜け毛が増えた気がする」など、髪に関する悩みを抱えている女性は意外と多いものです。それはもしかして”気がする”ではないかもしれません。「頭皮のケアにはスカルプシャンプーがおすすめ」とよく聞くけど、どれが選んで良いのか分からない。そんなお悩みに、厳選おすすめスカルプシャンプーを8つご紹介していきます。
koroku 2017.02.09

スカルプシャンプーって何?

そもそも、スカルプシャンプーってどういうもの?と思われた方もいるのではいでしょうか。

簡単に言うと、血行改善効果があるシャンプーです。

血行改善の効果があれば薄毛が予防されるのか?

 

予防されるんです。

 

なぜなら、髪の毛に必要な栄養分は、毛細血管から運ばれてきます。この時、もし血行がよくなければ、栄養が髪に届きにくい状態になります。

それを防ぐために、スカルプシャンプーで血行を改善する。

血行改善すれば、栄養が届きやすくなります。
すると、抜け毛が減り、薄毛が予防できるのです。

失敗しないスカルプシャンプーの選び方

「スカルプシャンプー」というキーワードをネットで検索したことがありますか?

検索すると驚くと思いますが、かなりの数のスカルプシャンプーがあります。

 

これでは、正直どれが自分に合うのか分かりません。

 

また、使用したことがある人の中には「どれも合わなかった」という人もいるでしょう。

しかし、諦めないでください!
必ずあなたにぴったりシャンプーはあります。

 

選ぶポイントさえきちんとわかれば、あなたも自分に合うシャンプーに巡り合えます。

そのためにまずは、失敗しないスカルプシャンプー選びのポイントを知ることが大切です。

 

①適度な洗浄力があるシャンプーを選ぶ

スカルプシャンプーに限らずシャンプーを選ぶポイントの一つに「適度な洗浄力」があります。

シャンプーの基本的な役割は、ほこりや皮脂汚れを落とすことです。

しかし、洗浄力が強すぎると保湿に必要な皮脂も洗い流してしまいます。すると逆に、頭皮環境を悪化させることがあるんです。

 

頭皮環境が悪化すると、乾燥してふけやかゆみを引き起こし毛穴が詰まります。

 

もともと皮脂分泌が激しく脂性の人ならそこまで問題ありません。しかし、乾燥肌の人が洗浄力の強いものを使うと頭皮環境が悪化することがあります。

 

この洗浄力の強さは成分表を見て確認するしかありません。

 

「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」などの高級アルコール系と呼ばれる洗浄成分の泡立ちは良いのですが、洗浄力が強いとされています。

アミノ酸系と呼ばれる洗浄剤は比較的洗浄力がマイルドとされています。スカルプシャンプーを選ぶ際はアミノ酸系シャンプーと呼ばれるものを選びましょう。

②頭皮環境を整えてくれるシャンプーを選ぶ

私たちの髪は、乾燥してパサついたり、摩擦やカラーなどでダメージを受けています。

頭皮も乾燥したり、皮脂汚れやフケなどが原因で炎症が起きたりし毛根がダメージを受けます。
毛根がダメージを受けたことにより発毛サイクルを崩れさせ、抜け毛を増やします。

スカルプシャンプーには抗炎症作用や保湿作用、血行促進作用など頭皮環境を整える効果があります。
頭皮環境を整えることで、発毛サイクルが正常になりハリコシのある髪が育ちますので、スカルプシャンプー選びには頭皮への効果を調べることも大切です。

③毛髪補修効果があるシャンプーを選ぶ

女性はパーマやヘアカラーをする機会が多いですし、日常のブラッシングなどの摩擦でもダメージが出ます。

適度な洗浄力で汚れを落とし、頭皮環境を整えたとしても、髪のダメージを補修できなければ美しい髪は維持できません。

 

スカルプシャンプーにはダメージ補修や保湿作用のあるものもあります。

 

薄毛対策をしながら髪のダメージ対策も行えれば美しい髪が維持できます。

スカルプシャンプー選びには毛髪補修成分があるのかもチェックしましょう。

【注意】スカルプシャンプーには男性用と女性用があります

市場にはスカルプシャンプーが数多く存在しますが、男性用と女性用があります。

基本的に男性は皮脂分泌量が多いので、男性用はしっかり汚れを落とすために洗浄力が強いものが多いです。 また、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑える成分が配合されています。

 

反対に女性は男性ほど皮脂分泌が多くありませんので、女性用は保湿作用をメインに洗浄力を抑えているものが多いです。 また、ダメージケアも欠かせないとされているため保湿や補修ができるものが多いのも特徴です。

「じゃあ女性が男性用を使ってはダメなの?」と疑問に思うかもしれませんが、絶対に使ってはいけないというルールはありません。

女性でも皮脂分泌が多い人もいますし、男性でも皮脂分泌が少ない人もいますので、自分の体質に合わせて選びましょう。

しかし、男性用の多くは洗浄力が強すぎて髪がきしんだり、頭皮や髪が乾燥しやすくなったりするので、そう言ったリスクがあることは頭に入れておきましょう。

この記事のキーワード

関連記事