必ず見つかる!敏感肌に優しいファンデーション選び方とおすすめ5選

敏感肌の人が抱える深刻なファンデーションに関する悩み。いろいろ試したけれど、やっぱり自分に合ったものが見つからない…そんな不満を抱えていませんか?実は、他の肌質と比べ人一倍デリケートな肌を守るには、ある特定のファンデーションタイプに絞ることが大事。敏感肌の人が避けるべき成分は?実はミネラルファンデーションも危ない?あっと驚く情報をこっそりお伝えします。
koroku 2017.02.09

そもそも敏感肌って何?

出典元:キナリノ

敏感肌とは、ひとことで刺激を受けるとピリピリしやすいお肌のこと。

 

例えば、洗顔後につっぱりを感じたり、化粧水を塗ったときに細い針で刺されるようなチクチクした痛みを感じるなどの症状が現れることがあります。

また、生まれつき敏感肌の人もいれば、大人になってからなってしまった人が多いのも事実。

正式な病気として認められてはいないものの、タイプが何通りにも分けられることから専用のスキンケア商品もたくさん出ています。

アレルギーと敏感肌の違い

出典元:キナリノ

「肌がピリピリってアレルギーと変わらないじゃん…」

という声が聞こえてきそうですが、敏感肌とアレルギー肌は全くの別物!

アレルギー肌とは、自分に合わない特定の成分によりかゆみなどの症状に悩まされること。

しかし、敏感肌になる原因はストレスにより心が不安定な状態になっても引きおこす可能性があるのです。

これはつまり、成分を問わずあらゆる刺激に対してお肌に異常がでてしまうということ。

敏感肌の人に共通する辛い2つの悩み

1. 肌に炎症を起こしやすい

敏感肌の人はお肌に少し刺激を与えただけでもヒリヒリしてしまいがち。

このヒリヒリの主な原因は、お肌を守る角層という部分が通常の人に比べて薄いことにあります。

このため外部の刺激をダイレクトに受けやすく、お肌の中で炎症を起こしてしまうのです。

さらに、炎症により新陳代謝が悪くなってしまったお肌には皮ふを保護する成分が減少し、日光や花粉などが入りやすくなってしまうというデメリットも。

これらの刺激を受け炎症を起こすと、お肌を早く正常の状態に戻そうと血液循環が活発になります。

実はこれが敏感肌の人のお肌が赤い理由。
本気で治そうとするのであれば、しっかりとした睡眠や自分に合ったスキンケアをしてお肌を守ることが大切です。

2. 自分に合ったファンデーションに出会えない!

敏感肌の人はスキンケアだけでなく自分に合ったファンデーションを見つけるのにも一苦労です。

カバー力がいいから、口コミで人気だからという理由だけで選ぶと高確率で失敗するので注意してください。

生まれつき敏感肌ではない人も、ある日を境にお肌がピリピリし赤くなるといったことは珍しいことではありません。

実に多くの人が敏感肌に悩まされていることもあり、化粧品会社も敏感肌専用のファンデーションを出しています。

敏感肌用を使わなくてもお肌に大きな影響がない場合もあります。

しかし、化粧品の成分にあまり詳しくない人や初心者はお肌をボロボロにするリスクを避けるためにも敏感肌用のファンデーションを使用した方が良さそうです。

敏感肌チェックポイント

敏感肌にはどのような傾向が見られるのでしょうか?

「もしかして私も敏感肌かも?」という人は、一緒に具体的な症状をチェックしていきましょう。

・お肌が赤くカサカサしやすい・スキンケア商品を使うと肌にしみるようにピリピリする
・特定の季節にお肌が敏感になることがある
・化粧品がいきなり肌に合わなくなり荒れなどの症状が見える
・ニキビなどによって肌が荒れやすい
・髪の毛や洋服が肌に当たっただけでもかゆくなる

敏感肌さんのためのファンデーション選びの2つのコツ

1. 洗浄力の低いリキッドファンデーションは避ける

お肌の状態が通常ではない敏感肌は、少しの刺激にも過敏に反応してしまいます。

そのため、オイルを多く含んだリキッドファンデーションはあまりオススメできません。

このタイプを使用するとクレンジングの際に汚れを十分に落とせず、さらにお肌が荒れてしまう可能性があるためです。

カバー力は期待できますが、その後のケアが大変なのでここは避けるのが妥当でしょう。

それでは一体どんなファンデーションが敏感肌には合っているのでしょうか?これは大きく2通りに分けられます。

①ミネラルファンデーション

ひとつはミネラルファンデーションが挙げられます。
名前の通りミネラルが豊富に含まれたこのファンデーションはお肌に抜け感を与えてくれるので、敏感肌でない人もすっぴん風メイクの際に使用することが可能。

ルースパウダー状ということもあり、お肌への軽いタッチで透明感のある肌を演出してくれます。

②クッションファンデーション

もうひとつはクッションファンデーションです。
こちらは上陸してまだ年数しか経っていないこともあり、日本人への浸透率もあまり高くはありません。

しかし、お隣韓国では水分を多く含んでいるファンデーション、通称「水光ファンデ」の名で親しまれるほど大人気。

カバー力や洗浄力も高く、敏感肌の方には最適ともいえるファンデーションです。

ツヤ感を出してくれるので、周りの人からお肌が綺麗と褒められることもあるかもしれません。

2. ミネラルファンデーションのウソ・ホント

ミネラルファンデーションはカバー力がない?

ミネラルファンデーションは天然のものが多く含まれている代わりに、時間が経つと落ちやすいことが問題となっていました。

しかし研究を重ねるにつれて改善されつつあるため、今ではカバー力が高く持続型のミネラルファンデーションが多いのが現状です。

ミネラルファンデーションは本当に安心?

天然物を多く含んでいるという点では安心であるといえますが、100%安全ではないので注意しましょう。

気をつけるべきものとして挙げられるのがオキシ塩化ビスマスと呼ばれる成分。

これは化粧品の他にインクやアルミニウムなどにも含まれる成分です。毒はありませんが、過度な敏感肌の方は念のため悪化予防策として使用しないことをオススメします。

この記事のキーワード

関連記事