気になる毛穴をケアしたい!知っておきたい顔の毛穴の知識と対策

頬、鼻の頭や小鼻、おでこ。顔の中で毛穴が気になるのはどの部分ですか?すぐ目につく顔の真ん中付近の毛穴がぽっかりと開いて目立っていたり、皮脂が詰まっていたり、黒ずんでいたりすると嫌なものです。メイクでもある程度隠せますが、そもそも素顔でも目立たないのがいちばん嬉しいものですね。こちらでは顔の毛穴をケアするための基礎知識や、タイプ別のケア方法について解説します。

顔の毛穴の3つの基礎知識

skincare21

角栓が詰まったり、開きが気になったり、黒ずんだり。美肌をめざす女性にとって悩みのタネとなりがちな毛穴。

ケア方法をご紹介する前に、まずは、毛穴とはどういうものなのか知っておきましょう。

①そもそも毛穴って何?

skincare13

毛穴とは、皮膚組織の一部で、毛が生える穴のことです。

皮膚の断面を顕微鏡で見ると、表皮がくぼんで黒い毛が生えています。これが毛穴で、専門用語では毛包とも呼ばれます。この毛穴から出ているのは、毛だけではありません。

この表皮がくぼんでいる途中には、皮脂腺と呼ばれる器官があります。皮脂腺とは、皮脂をつくる器官と皮脂を外に出す導管からできています。

つまり、毛穴からは毛のほかに皮脂も分泌されているというわけなのです。

毛穴は、手のひらや足の裏をのぞく全身にありますが、一番毛穴が多いのは頭。その次が顔です。

また、皮脂とは、いわゆる顔のアブラのことですが、時には顔のテカリやニキビなど、肌トラブルやお悩みの原因となることも。

ただし、本来は、皮膚の表面を覆って、お肌を守ってくれるものなのです。

②顔の毛穴はちょっと特別

T-Zone

この顔の毛穴は、体の毛穴とは大きく異なる点があります。

それは、Tゾーンと呼ばれる額や鼻の毛穴の皮脂腺がとても発達していることです。

皮膚の断面を見ると、体の毛穴では穴の途中で、横にちょこんと一つ皮脂腺が存在しています。ですが、顔にはこの皮脂腺が複数あり、活発に皮脂を合成します。

そのため、顔の毛穴は毛のための穴というよりは、皮脂のための穴ともいえます。

つまり、顔の毛穴ケアでもっとも着目するべきものは、「皮脂」なのです。

③スキンケアで毛穴は消せる?

ここまでは毛穴について解説してきました。
でも、『ぽっかり開いてたり、角栓が詰まっていたり、ほんと顔の毛穴なんてなければいいのに!』と、悩むことには変わりありませんよね。

原因を知ってきちんとケアすれば、毛穴が消せる…そうなればうれしいものですが、残念ながら毛穴は消せるものではありません。

 

それでも、自分の毛穴のタイプをよく知り、適切なケアを行えば、徐々に目立たなくなっていくのも事実。

まるで毛穴なんてないかのような、ツルンとした陶器肌をめざしたいですね。

あなたの毛穴はどのタイプ?

skincare15

それでは鏡をじっと眺めて、毛穴の状態を見てみましょう。特に、毛穴が目立つ顔の部分と、毛穴の形に注目してください。

チェック1. 毛穴が目立つのはどの部分?

①頬に多い→チェック2へ
②鼻に多い→チェック3へ
③額・頬・鼻など顔全体で気になる→ポイント2へ

チェック2. 毛穴の形はどんな形?

①しずくのような形でタテに長い→たるんだ毛穴
②円形に近い→開いた毛穴

チェック3. 毛穴の色は?

①詰まった角栓が白っぽい→詰まった角栓毛穴
②詰まった角栓が黒い→黒ずんだ毛穴
③穴の縁がソバカスのように色が濃くなっている→黒ずんだ毛穴

キュレーター紹介

img_587f3c186ea50

しろくまや

関連するキーワード

カテゴリー