美しい発色と潤いをキープする!2017年人気の落ちないグロス5選

口紅は女性の象徴ともいえるほど大切なパーツ。モテる女子になりたいならリップメイクは手を抜いてはいけません。そんなリップメイクを仕上げるグロスは、唇をふっくら艶やかに見せるアイテムです。手直しの手間を省く為にもなるべく落ちないものを選びたいですよね。そこで、今回はグロスをつけるメリットや落ちないグロスの人気の商品をご紹介します。
koroku 2017.03.14

グロスとは

グロスとはリップグロスのの略称のこと。唇につけて艶を出したり保湿をする化粧品なんです。

以前は透明で口紅に重ねるものが主流でした。
しかし、今は色付きで口紅の代わりに使えるタイプや、香りのついたタイプ、落ちにくいタイプなどさまざまなグロスをブランドさんが発売しています。

グロスをつけるメリットはこちら

グロスをつける事で、より女性らしく魅力的な唇に仕上がります。グロスをつけることで得られるメリットをまとめましたので、みていきましょう。

唇をふっくらと立体的に見せる

唇がぽってりとした女優さんやモデルさんはセクシーで美しいですよね。

日本人に多い唇が薄い方や、口が小さめの方もグロスをつけることで、ふっくらとしたボリューミーな唇になれます。

全体につける場合は、中央に置いてから、のばすようにつけましょう。さらに、グロスを唇の中央にポンポンと乗せるようにつけると、立体的なぽってりとした唇が完成します。

艶と透明感が出る

唇に艶や透明感があると顔色も明るく見え若々しいイメージになれます。

さらに、グロスの艶は唇の縦ジワを目立たなくする効果もありますので、縦ジワが気になる方は口紅の下にグロスを塗ると、グロスの膜がシワをカバーして、まるで赤ちゃんみたいなプルプルリップになれます。

保湿効果がある

乾燥しやすい方にはグロスが特におすすめです。

なぜならグロスは油分が多いため、唇を保湿する効果が高いから。グロスに美容成分が入っているものを選べば、より健康的でつやつやな唇に。

手軽に付けられ、ナチュラルな仕上がりに

透明感のあるグロスは、口紅よりも手軽につけられ薄付きでナチュラルに仕上がります。

スッピンだけど顔色が悪く見えるから少しだけ色を足したい!なんて時や、今日はカジュアルなコーディネートにしたいからメイクは薄めにしたい!なんて時には、手軽につけられるグロスが1本あると便利ですよ。

落ちにくいグロスを選びましょう

グロス

落ちやすいイメージの強いグロスですが、それはもう時代錯誤です。今は艶感や発色が落ちにくいグロスも多く発売されています。

塗り直しの手間を省け、長時間つけたての美しい唇をキープするためにも、グロスは落ちにくいものを選びましょう。

発色も◎今人気の落ちにくいグロス5選

今人気の落ちないグロスを5つご紹介します。購入する際の参考にしてくださいね。

①イヴサンローラン グロスヴォリュプテ | ぽってりボリュームのあるセクシーな唇に

enk

唇に乗せるとぽってりとしたセクシーな唇が完成。
同じシリーズ共通のマンゴーの香りで、べたつかないのに落ちにくいグロス。乾燥した唇にも馴染みやすく、発色も綺麗と口コミでも高評価です。

②クリスチャンディオール アディクトリップマキシマイザー | べたつかないのに長時間潤う

bp

こちらは、グロスとしてもリップ美容液としても使えます。ひと塗りで唇を内側からふっくらさせ、ベタベタしないのに長時間潤います。

このグロスで縦ジワが気にならなくなった、皮が剥けなくなったという方も多数いるほど。

また、ラメが入っていますがナチュラルな色付きで、単品でも口紅と重ねても◎です。

③RMK リップジェリーグロス | 透明感のある発色とジェルの膜で落ちにくい

3e3q

透け感のある発色で唇がほんのり色付きます。濃密なジェルがぴたっと唇に膜をはるので、つけたてのフォルムを崩さずキープします。
カラーはRMKらしいポップで可愛い色ばかりです。

④スリー シマリングリップジャム | まるでジャムのようなテクスチャーで長時間落ちにくい

3231

開発時にこだわり抜いたという、落ちにくくコクのあるテクスチャーと、鮮やかな色味がその名の通りジャムのようなグロスです。

食べても飲んでも、美しい発色が残り、長時間落ちません。また、透明感のある色は顔なじみが良く使いやすいです。

⑤ボンボン スティックグロス | 保湿成分+UVケア+発色+長持ちのオールインワングロス

3f

たっぷり入った美容液成分、口紅のような発色、プルプルの艶、SPF20PA++の日焼け止め効果、一つで4つの効果がある高機能グロスです。

食事をしても、色が落ちにくく艶も長時間続きます。また、保湿成分のおかげで、乾燥知らずの唇に導きます。

この記事のキーワード

関連記事