産後に抜け毛が増えるのはなぜ?いつまで続くの?抜け毛の原因と対策

女性特有の産後の抜け毛に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。出産するまでは抜け毛に悩んだことがないのに、出産を終えるとなぜか急に抜け毛が増えて焦りが出る人もいるでしょう。そんな女性のために、産後に抜け毛になるのはなぜか、抜け毛がいつまで続くのか、産後抜け毛の対策はあるのかなど詳しくご説明していきましょう。

産後抜け毛になる原因とは

pixta_24743686_S

産後に抜け毛になるのはなぜなのでしょうか。
急に髪の毛が抜けたりすると不安になりますよね。でも大丈夫ですよ。まずは、抜け毛になるメカニズムからみていきましょう。

産後抜け毛になるメカニズムとは?

SONY DSC

SONY DSC

産後に抜け毛になるメカニズムは女性ホルモンが関係しているんです。

女性ホルモンには2つの種類があり、エストロゲンと「プロゲステロン」という女性ホルモンになります。

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれています。そして、「プロゲステロン」は髪の成長に作用するホルモンで、黄体ホルモンとも呼ばれいます。

妊娠中はこの女性ホルモンである「プロゲステロン」が増加するため、体毛が増えたり、毛が濃くなるなど抜け毛になりにくい時期なのです。

しかし、出産すると多量に分泌されていた女性ホルモンのプロゲステロンも急激に減少していきます。すると妊娠中はプロゲステロンの分泌により抜けていなかった毛髪が、急激に抜けていってしまうのです。

抜け毛の改善にはホルモンバランスを整えることが一番なのですが、子宮が元の状態に戻るまでに時間がかかるように、毛髪や毛根も元の状態に戻るまでには時間が必要です。

女性ホルモン以外で抜け毛になる原因

エストロゲン

では、産後の抜け毛の原因は女性ホルモンだけなのでしょうか。

実は、女性ホルモン以外にも原因はあるのです。
慣れない育児から来るストレスや、抜け毛が増えることで精神的なストレスがかかります。

また、栄養バランスの良い食事がとれなかったり、数時間おきの授乳で睡眠不足になりますから、食事や睡眠も抜け毛の原因だと言われています。

出産後は女性の体も完全に元に戻っているわけではありませんし、ホルモンバランスが乱れているだけでも精神的に不安定な時期です。

この時期にストレスがかかるようなことが増えるので、抜け毛が増える女性も多いのです。

産後の抜け毛はいつまで続くの?

あまりに抜け毛が酷かったり、抜け毛が続くと不安になってしまいます。では、産後の抜け毛はいつまで続くのでしょうか。

産後の抜け毛はヘアサイクルが通常に戻ると自然に治まる

pixta_21033639_S

産後の抜け毛と関係の深い女性ホルモンの分泌量はヘアサイクルに影響しています。

では、通常のヘアサイクルとはどうなっているのでしょうか。通常のヘアサイクルは成長期・退行期・休止期という3つの時期があります。

それぞれの期間は、

 

■成長期 : 2~6年
■退行期 : 2週間程度
■休止期 : 8ヵ月程度

 

となっています。退行期は髪の毛の成長が止まり、休止期は髪が抜けて新しい髪の毛が作られます。

しかし、プロゲステロンが増える妊娠中は、通常のヘアサイクルが短くなります。そのため髪の成長が早くなり、体中の毛が伸びたり太くなるので濃くなるように見えます。

そして、出産するとプロゲステロンが急激に減少しますので、髪の毛の成長も遅くなりますし、ヘアサイクルが乱れるので、今まで抜けていなかった毛髪が急激に抜けていってしまうのです。

ですが、抜けてしまった毛髪のあとには新しい毛髪を作る準備をしているので休止期に入っている状態になります。

休止期は8カ月ほどありますが、その中でも2~3か月ほどすると髪の毛が生え始めますのでヘアサイクルもゆっくり戻っていきます。

産後の抜け毛が続く期間は個人差もありますが、早い人で産後6か月程度、長くても1年程度で元のヘアサイクルに戻り、抜け毛は治まってきます。

産後の抜け毛を改善する対策法とは

アミノ酸シャンプー

産後の抜け毛が女性ホルモンの乱れやストレス、食事や睡眠によるものだということがわかりました。

では、どのような改善策があるのでしょうか。

バランスの良い食事を摂る

産後は母乳を作るためにも、母親は大量の栄養が必要になります。ですが、なんでもいいからたくさん食べればよいというわけではありません。

特に必要な栄養素は、母乳を作る時に必要となるカルシウムやビタミンB群、タンパク質、ミネラルになります。

実は、これらの栄養素は母乳を作るだけではなく、毛髪にく関係しているのです。

カルシウムは髪の毛にツヤとコシを与え、ビタミンB群は頭皮の環境を整えます。また、ビタミンB群はタンパク質と一緒に取ることで髪の毛を作り出す働きがあるのです。

タンパク質の中には大豆も含まれており、大豆に含まれいてるイソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをするので髪の毛の成長を促す作用があるのです。

ミネラルは、これらの栄養素を体中に送り届ける働きがある上に、髪を育てる作用もあります。

このように、毛髪の成長に必要な栄養が母乳優先で使われてしまうため、毛髪まで栄養が行き渡らず抜け毛が増えてしまっていることも考えられます。

産後は、母乳を作り、毛髪を作るためにこれらの栄養素が大量に必要になりますので積極的に摂るようにしましょう。

質の良い睡眠をとる

pixta_1961254_S

出産すると昼夜を問わず数時間おきに授乳が必要になりますので、どうしても睡眠不足になりがちです。

睡眠不足になると自律神経が乱れますし、女性ホルモンの分泌に関係する脳の視床下部にも影響が出てきます。

産後の授乳は避けられないものですが、配偶者や家族の助けを得て、できるだけ寝られる時には寝るようにしましょう。

赤ちゃんのことが気になって、熟睡できないこともありますので、できればご家族に協力してもらい、赤ちゃんのことを気にせずぐっすり眠ることができる時間を作ってもらうと良いですね。

ストレスを発散する

髪の毛が成長するためには亜鉛という栄養素も必要です。しかし、ストレスによって亜鉛は大量消費されてしまいます。

産後は初めてのことばかり。わからないことも多いので、ストレスに感じることが多くなります。育児ノイローゼという言葉もあるように、出産してからが一番大変な時期です。

この時期にストレスを溜めてしまうと、抜け毛だけではなく精神的に大きなダメージを負ってしまいますので、できるだけストレスをため込まないようにすることが大切です。

生きていく上でストレスを完全になくすことはできませんので、ストレスを溜めない工夫が必要です。

育児が大変なことを友人に話してみたり、親に話してみたり、口に出すだけでもストレスは軽減されていきます。

また、適度な運動をしたり、外の空気を吸いに散歩をしてみたり。おいしいものを食べたり、ゆっくりお風呂に入ったり、趣味を見つけてみたりと家族に協力してもらいながら、うまくストレスを逃がすようにしていきましょう。

産後の抜け毛専用のヘアケア商品を試してみる

産後に抜け毛の量が多かったり、期間が長いと気になってしまうものです。

抜け毛が原因でストレスになることもありますので、このような時は産後専用のヘアケア商品を試してみても良いでしょう。

ただし、育毛剤は控えた方が良いでしょう。
赤ちゃんが頭を触ることもありますから、薬剤の付いた育毛剤を頭につけていると、ママの頭を触った赤ちゃんの手に薬剤がついてしまいます。

しかし、薬剤がついていることは赤ちゃんにはわかりませんので、その手を口に入れてしまうことも考えられます。

産後の抜け毛専用のヘアケア商品を試すなら、髪の毛や毛根に直接栄養を与えられて、頭皮への刺激が少ない育毛シャンプーやヘアケアシャンプーなどが良いのではないでしょうか。

産後の抜け毛は自然なもの。気にしずぎないようにしよう

pixta_8047760_S

産後の抜け毛はホルモンバランスの乱れによって起こっているので自然現象と言っても良いでしょう。

もちろん、初めての事ばかりの場合、育児に対するストレスもありますが、それも時間がたてば色々わかってきますし、バランスの良い食事とできる限りの睡眠をとっていれば抜け毛の心配もなくなります。

抜け毛のことを考えて抜け毛が増えるのは悪循環です。産後の抜け毛は自然現象と考えて、あまり気にしすぎないようにしましょう。

キュレーター紹介

true (5)

pbook

関連するキーワード

カテゴリー