縞柄で引き締めて大人顔!デニムジャケット×パーカーコーデ

なぜかこなれて見えるデニムジャケット×パーカーのコーデ。パーカーだけではラフすぎるし、デニムジャケットだけでは首元が寂しい。そんな両者の長所を掛け合わせると、ほどよいバランスになりますが、そこへさらに縞柄という要素を加えると、もっとステキなオシャ見えコーデに仕上がります!
gigi 2016.07.15

縞柄のスカートでボトムに華やかさをプラス

ストライプフレアスカートで華やかフェミニンコーデ

デニムジャケット パーカー

出典元:WEAR

まずご紹介するのは、ストライプのフレアーラインスカートを合わせるコーディネートです。ストライプの生地を贅沢に使ったフレアースカートは、裁断の関係上、サイドにいくに従って、縞柄が斜めのラインになります。風に揺れるスカートの裾が表情ゆたかになって、とてもフェミニンです。デニムジャケットもパーカーも、どちらかと言えばボーイッシュなアイテムですから、このようなアイテムとフェミニンなフレアースカートを合わせるなら足元にツヤ感をプラスしてバランスよくコーデしましょう。

ボーダースカートでつくるヘルシーコーデ

デニムジャケット パーカー

出典元:WEAR

同じストライプ柄でも、縦ラインの間隔がちょっと変わっているデザインのスカート。太い線の両側に細い線が添えられているストライプです。ちょっとした違いではありますが、印象がずいぶん変わります。こちらはすこしグッドガール風の表情に。生地に張りがあるものを選べば、デニムの硬質感とパーカーのゆるさを減じて、きれいなバランスにまとまります。足元にはデニムのダークカラーと合わせた黒を使って引き締め効果も。

ボーダーペンシルスカートを合わせて大人っぽく

濃色インディゴブルーのデニムジャケットは、キレイな印象の着こなしにぴったりです。定番のグレーパーカーを合わせて、スタンダードな色合わせを。こんなふうにトップをベーシックな組み合せでまとめたなら、ボトムにはホワイト地の面積が広めのストライプアイテムで印象づけ。すっきりシルエットのペンシルスカートを合わせると、ほどよくカジュアルな雰囲気になります。素足を出すことでヘルシーなデニムコーデに仕上がっています♪トレンドのラインソックスで引き締めて。

ボーダーインナー×スキニーでカジュアルコーデ

デニムジャケット パーカー

出典元:WEAR

パーカーが醸し出すラフなゆるさや、デニムジャケットの粗野な雰囲気も、タイトなサイジングでまとめれば女性らしい華奢感のあるコーデに仕上がります。さらに、ボトムにスキニーを合わせればすっきりとしたシルエットに。そんな、キレイめカジュアルなコーデには、インナーにボーダーを合わせて。白地にネイビーラインのボーダーカットソーで、シンプルシックな着こなしに。足元はスニーカーで爽やかな大人カジュアルに仕上げて。

ボーダーインナー×タックパンツでエレガントに

デニムジャケット パーカー

出典元:WEAR

大人気のブルーデニムだと、誰かとかぶってしまうことも。そんなリスクを格段に減らしてくれるのが、ホワイトデニムジャケットの存在です。ホワイトデニムなら、光の反射効果で顔まわりにも抜け感が出て、一気に垢抜けが叶います。その場合のボトムは黒パンツが無難。デニムやパーカーといったラフな素材ばかりを重ねていくときは野暮ったくなるのをぜひ回避したいわけですが、モノトーンなら簡単にシックな着こなしができますよ。

ボーダーインナー×スカート

ボーダーインナー×ギャザースカートでカジュアルフェミニン

 

デニムジャケット パーカー

出典元:WEAR

女子感高めのふんわりギャザースカートを武骨なデニムジャケットに合わせると、ミスマッチだからこその、かわいらしさが強調されます。そこへ合わせるボーダーインナーは、ボーダー間隔が広めのものがしっくりきます。オフ白地の面積が広くなるので、その分、ほどよくカジュアル感が出てさわやかでフェミニンな雰囲気に。スカートのふんわりしたボリュームが、トップスのタイト気味なシルエットと対照的で、とても女性らしい着こなしになりますね。

ボーダーインナー×チュールスカート

デニムジャケット パーカー

出典元:WEAR

動くたびふわりと揺れる裾がかわいいチュールスカートは、マリンカラーのボーダーインナーと合わせてマリンシックに。
ボーダーインナーとカラーリンクさせた足元が、さらにコーディネートの完成度をあげています。スポーティーなイメージのラインソックスも、組み合わせ次第で、上品で大人なスタイリングに。

ボーダーインナー×フレアスカート

デニムジャケット パーカー

出典元:WEAR

 

すこしだけガーリッシュな雰囲気のコーデには、フレアスカートを。大人女子らしく、黒をチョイスして、グレーのリブタイツに黒ハイカットスニーカーを合わせればボトムに一貫性が出てまとまりやすいです。デニムジャケットの素朴な風合いがリンクするキャンバス地のスニーカー。そんなスニーカーと、黒×白のボーダーカットソーは相性抜群。女子感のあるカジュアルスタイルの完成です。

デニムジャケット×パーカー×ボーダーワンピース

デニムジャケット パーカー

出典元:WEAR

ボーダーワンピは、カジュアルな装いで大活躍のマストアイテム。でも、ワンピ面積が広いと悪目立ちしてしまうというネガティヴな側面も。そこを軽減してくれる頼れるアイテムが、デニムジャケットです。デニムジャケットは生地厚があり、ボーダーワンピのゆるっとした雰囲気をキュっと引き締めてくれます。ポピュラーなオフ白×黒のボーダーなら、黒タイツを合わせて足元をすっきりとさせつつ着こなしましょう。

デニムジャケット×パーカー+縞柄でバランスよくコーデ

デニムジャケット パーカー

出典元:WEAR

定番アイテムのデニムジャケットとパーカー。この二つを合わせるとさまざまな表情が生まれます。さらにストライプやボーダーの縞柄を上手に投入することで、カジュアルな着こなしはもちろんのこと、フェミニンなコーデも自在です。ぜひ取り入れてみてください。

この記事のキーワード

関連記事