日本文化の魅力を再発見。みんなでワイワイ楽しめる両国観光プラン

両国は、昔からの日本文化を色濃く残すエリア。国技館に代表される歴史深いスポットが充実しています。ちゃんこをはじめとした絶品両国グルメも大人気!友達や家族と両国観光をしながら楽しい時間を過ごしませんか?ぜひチェックしておきたいスポットを巡る両国観光プランをご紹介します。
pbook 2016.07.20

両国を訪れたら、まずはここ。歴史と相撲を楽しむ旅へ

両国観光

出典元:Instagram

両国観光の醍醐味は、相撲と日本古来の歴史を感じられるスポット巡り。普段の生活では目にすることのできない光景に、大興奮間違いなしです!

国技館で大迫力の相撲観戦

国技館

出典元:Instagram

両国といえば、やっぱり相撲!両国駅を出るとすぐに見えてくる大きな建物が「国技館」です。年6回行われる本場所のうち、こちらで取り組みが行われるのは1月・5月・9月。ぜひ時期を合わせて両国を訪れたいですね。目の前で行われる相撲の取り組みは、テレビでは感じることのできない臨場感があると大人気。1度見たらやみつきになってしまいすっかり相撲ファンになった、という女性も多いのだそう。

シーズンじゃなくても楽しめる!

本場所のシーズンじゃないから行くのは微妙かな……と思った方、いらっしゃいませんか?シーズンじゃなくても両国国技館にはお楽しみがたくさん。館内見物、売店でのお土産探し、横綱・大関の等身大パネルとの記念撮影などさまざまな魅力が詰まっています。両国に観光へきたら、絶対に行っておくべきスポットですね。

【基本情報】
住所:東京都墨田区横網1丁目3番28号
電話番号:03-3623-5111
HP:日本相撲協会

相撲博物館 | 相撲の奥深さ・魅力を知る

「相撲博物館」は、国技館に併設された相撲専門の博物館。相撲の歴史に関連した貴重な資料が展示されています。力士の白熱した戦いを思わせる化粧回しは必見。相撲観戦をした後は、その歴史に触れて相撲にどっぷり浸かりませんか?入館料無料なので、気軽に立ち寄れます。

【基本情報】
住所:東京都墨田区横網1-3-28(国技館1階)
電話番号:03-3622-0366
開館時間:10:00~16:30(最終入館16:00)
休館日:土曜・日曜・祝日(一部開館あり)、年末年始
HP:相撲博物館

回向院 | 力塚や鼠小僧の墓がある歴史的なお寺

回向院

出典元:Instagram

「回向院(えこういん)」は、江戸時代史上最悪と言われている惨事「ふりそで火事」の犠牲者を弔うために建立されてお寺。その後も、自然災害で亡くなった方、身寄りのない子ども、遊女などが埋葬供養されています。こちらは大相撲発祥の地としても知られており、歴代の相撲取りの慰霊のために建立された「力塚」があることで有名。今も相撲の聖地として、多くの相撲取りや相撲ファンが訪れます。このほかに、江戸時代の大泥棒「鼠小僧」の墓があったりと見所がたくさん。

石をけずって運気をアップ!

回向院

出典元:Instagram

こちらが鼠小僧の墓。長年捕まることなく逃げ続けた運の良さにあやかろうと、多くの人が訪れます。ここの墓石をけずり、出てきた欠片をお守りに持つと運気が上がるという言い伝えも。合格祈願を願う受験生や金運アップを願う人など、ご利益を求める人があとを絶ちません。

【基本情報】
住所:東京都墨田区両国2-8-10
TEL:03-3634-7776
HP:回向院

お腹がすいた?両国グルメを堪能しよう!

両国観光

出典元:Instagram

観光スポット巡りでお腹がすいてきたら、両国のグルメスポットへGO!相撲取りも愛する、ボリューム満点のグルメを堪能できます。

ちゃんこ霧島 | 元大関が手がける絶品ちゃんこ

ちゃんこ霧島

出典元:Instagram

大関として活躍した霧島さんが手がける「ちゃんこ霧島」。相撲部屋で人気を博した絶品ちゃんこをいただけます。醤油・味噌・塩・キムチの4種類の味を選ぶことが可能。おすすめは食材の旨味をたっぷり楽しめる塩です。

【基本情報】
住所:東京都墨田区両国2-13-7
TEL:050-5785-3457 or 03-3632-8710
営業時間:【月~土】11:30~23:00(L.O.22:30)、【日・祝日】11:30~22:30(L.O.22:00)
定休日:無(年末年始休み)
参照元:ぐるなび

ももんじや | 老舗の「しし鍋」を堪能

ももんじや

出典元:Instagram

「ももんじや」は、1718年創業の老舗ジビエ料理店。昔から両国の人々に愛され続けてきた「しし鍋」をいただけます。丹波や鈴鹿から取り寄せた猪肉は、さっぱりとした脂身と深い旨味が特徴。このほかにもクマ肉を使った鍋などバラエティ豊かなジビエ料理がそろっています。普段はなかなか食べられないジビエ料理に盛り上がること間違いなし。

【基本情報】
住所:東京都墨田区両国1-10-2
TEL:050-5785-5185
営業時間:【火~土】ランチ11:30~14:30(L.O.14:00)※5月~9月は、第2・4水曜はディナーのみ営業、【月~土】ディナー17:00~21:00(L.O.20:45)
定休日:日曜日
参照元:ぐるなび

旅の思い出に。両国らしいお土産を買いに行こう

両国観光

出典元:4travel

旅を満喫したら、お土産探しを楽しみましょう!両国らしいお土産を買っていけば、帰りを待っている友達や家族も喜んでくれるはず。

国技館の売店 | 冷めてもおいしい万能たれが大人気

国技館の名物グルメとして知られる焼き鳥。甘辛いたれがやみつきになるおいしさと大評判です。この焼き鳥に使われている秘伝のたれが国技館の売店でお土産として購入可能。鶏肉以外に、野菜炒めや煮魚などさまざまな料理で活用できる万能たれです。冷めてもおいしいので、お弁当用の料理をつくるのにもぴったり。売店には、このほかにもいろいろな相撲グッズがそろっているのでお土産探しを楽しんではいかがですか。

【基本情報】
住所:東京都墨田区横網1-3-28 両国国技館内
営業時間:10:00~16:00
定休日:土曜・日曜・祝日・年末年始を除く、毎日(場所中は国技館入場者のみ)
HP:日本相撲協会

両国国技堂 | 包装紙がかわいらしい「あんこあられ」

あんこあられ

出典元:Instagram

大正時代創業の甘味処「両国国技堂」。こちらの名物として人気なのが「あんこあられ」です。土俵をモチーフにしたあられにあんこがのった、ちょっと珍しいお菓子。あましょっぱい味はやみつきになるおいしさと評判です。包装紙に描かれているかわいらしい相撲取りの絵は2代目が描いたものなのだそう。

【基本情報】
住所:東京都墨田区両国2-17-3
TEL:03-3631-3856
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休
参照元:食べログ

両国観光で楽しい時間を満喫しよう!

両国には、国技館や回向院など日本古来より愛されてきた文化や歴史を身近に感じられるスポットが充実。シーズンが合えば、ぜひ相撲観戦も楽しんでおきたいですね。観光途中でお腹がすいたら両国グルメを楽しめるお店へ行って、相撲取りからも人気のあるボリューム満点グルメに舌鼓。家族や友人と楽しい時間を過ごせること間違いなしです。

この記事のキーワード

関連記事