縦ラインを強調してスタイル美人に♡ストライプパンツの着こなし術

突然ですがストライプパンツ最近履いていますか?縦ラインを強調してくれるストライプパンツは、コーデでスタイルUPが叶う頼れるアイテム♡今回はそんなストライプパンツのオンオフコーデを特集!中々ダイエットが難しい下半身をすっきり見せてくれるから、賢く活用した者勝ちですよ♪

スタイル美人になれるストライプパンツ

キャッチコーデ

出典元:Pinterest

毎年、春夏になると無性に恋しくなるストライプ。
縦ラインを強調しすっきりとした着こなしが叶うストライプは、ボトムスで取り入れると最大限に効果を発揮してくれます。

そこで今回は、ストライプパンツでつくるスタイル美人コーデをシーン別にご紹介します!

オフィスではシンプルストライプで爽やかに

デザインスリーブで女性らしく

スリーブトップスコーデ

出典元:Pinterest

きちんと感が求められるオフィスシーンでは、ベーシックなストライプ柄をチョイス。今年らしいディテールのフレアスリーブブラウスを合わせれば、今っぽいバランスに仕上がります。

ダークカラーを選ぶことで、よりストライプ柄の引き締め効果を発揮!足元は、パンツと同じカラーのパンプスで合わせれば統一感があり、すっきりとした着こなしに。

ワントーンが垢抜ける白シャツコーデ

白シャツコーデ

出典元:Pinterest

膨張が気になる白のワントーンコーデも、ストライプ柄の実力でスタイル美人な着こなしに。合わせた白シャツは襟を後ろに抜くと、今年らしいニュアンスがプラスされます。

仕上げにワントーンコーデを上品に引き立ててくれる、ベージュのバッグを合わせて。

ウエストリボンでトレンドライクに

ウエストリボンパンツコーデ

出典元:Pinterest

一歩間違うとひと昔前のコーデの印象になる恐れもあるストライプパンツ。ワイドシルエットのウエストリボンデザインを選べば、パンツだけで今年らしい感度の高い着こなしが叶います。

さらにウエストリボンデザインで自然とメリハリが生まれるから、ストライプの縦ライン強調と合わせ、すっきり見える相乗効果が◎

オフの日はマルチストライプでこなれ感を

バスケットでこなれ感をプラス

バスケットコーデ

出典元:Pinterest

スーツにも使われるストライプデザインは、着こなしを間違えると休日仕様ではない堅苦しい印象になることも。マルチストライプ&ワイドシルエットの1本なら、リラックスムードのこなれ感のある着こなしが叶います。

トップスはマルチストライプを引き立てる、ダークカラーが正解!小物はバスケットを合わせると、よりリラックスムードを盛り上げてくれます。

ワントーンならフェミニンに

ワントーンコーデ

出典元:Pinterest

オフの日のワントーンカジュアルは、フェミニンカラーでさりげない女性らしさを演出。

肌の透明感を引き出してくれるサックスブルーは、優しげな印象でデートにもぴったり!上下淡いカラーで統一したら、足元は黒のレザーサンダルで全体を引き締めて。

アースカラーでカジュアルに

白シャツコーデ②

出典元:Pinterest

休日向きのストライプパンツをお探しなら、軽やかでこなれた着こなしが叶う麻やコットン生地がおすすめ♪アースカラーのような肌に馴染む暗めの配色をセレクトすれば、着るだけでワンランク上の大人カジュアルが完成します。

合わせる白シャツも大きめサイズで休日仕様に。

全体がオーバーシルエットな分、バッグは小ぶりなものを合わせるとバランスよく決まります。

感度高めなちょっぴり個性派コーデ

グリーンストライプでメンズライクに

グリーンパンツコーデ

出典元:Pinterest

ここからはちょっぴり個性派なおしゃれ上級者コーデをご紹介!
今年トレンドのグリーンのストライプが目を引くパンツに、ニットキャミソールを合わせて。

ケーブル網の優しさがインパクトのあるパンツの印象を中和してくれます。

リラクシーコーデにメリハリを

ウエストマークコーデ

出典元:Pinterest

ロングシルエット同士のスタイリングを組むときは、今年らしくウエストマークしてあげると、バランスがぐっとUPします。

ウエストを高めの位置に見せることで脚長効果も♪

ストライプパンツだからロングシルエット同士でももたつかず、スマートに決まります。

柄×柄でおしゃれ上級者な着こなしを

柄×柄コーデ

出典元:Pinterest

今年おしゃれな人が注目している柄×柄コーデに、ストライプパンツはぴったりのアイテム。淡いカラー同士のデザインを選べば柄×柄でも合わせやすく、初心者さんでもトライしやすくなります。

全体がうるさい印象にならないよう、デコルテ周りはすっきりと肌見せするのがポイント。足元も無地が際立つようなレザーサンダルをチョイスするのがおすすめです。

カテゴリー